「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年11月18日 更新

クリスマスパーティーはこれで主役!簡単に鮮やかなレインボーカクテルを作る方法

ここ最近は気温もグッと低くなり、同時に街はイルミネーションで輝き始めてきて、そろそろクリスマスパーティーや忘年会のシーズンが近づいてきたと感じる方も少なくないのではないでしょうか。

0131

今回は、そんな行事にピッタリの、手品のようなカクテルの作り方を紹介しちゃいます!ホームパーティーなどで活用できるのでぜひ試してみてください。思わず友人や会社の人達に披露したくなりますよ!

必要なもの

グレナデンシロップ

ザクロの果汁と砂糖からなるノンアルコールの赤いシロップ

sweet&sour

レモンジュースとシロップが混ざったものです。

・オレンジジュース

果肉がはいっていないものをご使用ください

ウォッカ

特有の味、ニオイ、色がほとんど無く、そのクセのなさがある意味で特徴と言えるウォッカ。

ブルーキュラソー

これは色付のためのリキュールです。アルコールもほんの少ししか入っていません

・氷

今回はこの氷がキーアイテムになります。

シェーカー

カクテルを作るため、酒などを入れて振る容器のことです。

カクテルストレーナー

氷を避けてお酒だけを注ぐためのフタです。シェーカーの上にはめます。

カクテルメジャー

それぞれの液体の量を計測するのに使います。

バースプーン

柄の長いステア用のスプーンです。今回は計測用に使います。

・ダブルショットグラス

6〜10個用意してください。

手順をご紹介します

①:シェーカーにグレナデンシロップを15ml入れ、氷を詰めます。この「」が綺麗な層を作り出すポイントだそうです。氷はバシャバシャいれないでそっといれてください。
c01

c02

②:氷を敷き詰めながら、sweat&sourリキュールをシェーカーの3分の1ちょっと過ぎあたりまでいれます。
c03

③:そこへバースプーンを使い、オレンジジュース150mlをゆっくりと入れましょう。この時点で氷が足りないと感じたらさらに足します。
c04

④:続いてウォッカをバースプーンを添えながら60mlを加えます。
c08

⑤:最後にブルーキュラソーを15mlを加えたら準備オッケーです。その後シェーカーの上に蓋をするよう、カクテルストレーナーを置き、すぐさま用意したショットグラスへ、カクテルを注いでください!この時ブルーキュラソーは沈みやすいのでいれたらすぐにグラスに注ぐのがポイントです!
c05

c06

⑥見事に完成です!(テーブルの上はビチャビチャですが・・・。)
c07

それぞれの量は目安です。というのもこちらの映像の中で女性スタッフが作っている際は、目分量でいれているので、なんとなくでも作れてしまうことが分かります。

これならかなり手軽にレインボーカクテルが作れますよね。何かとワイワイ飲む機会が多くなってくる時期ですが、こういう技を身につけておくと、いざ!という時に役に立つかもしれません!なによりもその場の人達を「わっ!」と言わせることができちゃいます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです