「いいな」を届けるWebメディア

感動

2015年11月18日 更新

ぐっとくる。子どものときに作ってもらった「お弁当の味」をあなたは覚えていますか?

みなさんは、子どもの頃に食べていた「お弁当の味」を覚えているでしょうか?

今回実験に参加したのは、東京で暮らす男女6人。テーブルには、それぞれの実家から届けられた6つのお弁当が並んでいます。

02

この6つのお弁当の中から自分の「実家の味」を言い当てるという企画。

01

04

参加者の6人からは見えないようになっていますが、お弁当の前の札には誰のお弁当なのかがわかるように写真が貼り付けてあります。

果たして彼らは故郷を離れた今でも、昔食べていた「お弁当」を言い当てることができるのでしょうか?

お弁当を吟味する6人
03

05

06

形のないものを、人は忘れてしまうのだろうか?
形のないものを、人は忘れてしまうのだろうか?

東京で働く6人の男女とそれぞれの実家から届いたお弁当
東京で働く6人の男女とそれぞれの実家から届いたお弁当

故郷を離れた今でも当時の記憶を見つけだすことができるだろうか。
故郷を離れた今でも当時の記憶を見つけだすことができるだろうか

それでは感動の結末を映像でご覧ください。

映像

最終的にはなんと、6人全員が自分の実家の味を言い当てるという結果に。

参加した6人の顔を見ていると、両親への感謝や望郷を思い出す感覚などを感じとることができました。最後にはなんだか見ているこちらが「うるっ」ときてしまうそんな素敵な映像。

手料理は、もうひとつの故郷になる

映像をみると色々な思い出がよみがえり、実家に連絡をいれたくなりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです