「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ

2015年12月07日 更新

「スポーツを極めることはギャンブルだ」オトナの学校で語った武井壮さんの考え方が素晴らしい

takei00
毎週水曜日の深夜1:31からTBSで放送されている「オトナの!」という番組。

オトナになれないタレントのいとうせいこうさんと、ユースケ・サンタマリアさんの2人が「オトナ」とは一体何なのかということについて語り合うトークバラエティです。

そんな「オトナの!」の特別編として放送された「オトナの学校」という授業がありました。

専修大学の教室で、1限から5限まで5人のオトナがスピーカーとして話をするという企画。その中の元陸上競技選でタレントの武井壮さんが登壇内容が、フルバージョンとしてYoutubeにアップされ話題になっています。

takei01

takei02

「”好きだから”という理由でスポーツを始めるのも良いけれど、プロとして生きていくためにはビジネス面の理解も必要だ」と独自の理論を展開。その講義内容が素晴らしいとネットで話題になっています。

映像

動画の中で彼は

物事って何が価値を生むかって言ったら、人が求める数である
もしも自分に子どもがいたら、中学校までは義務教育を受けさせて、その後高校生からはインドに行かせる
パソコン使って自分でビジネスを始められるくらいの能力は、高校を卒業するまでに身に付けてほしい
日々成長とは、毎日違う自分になること。毎日時間をとって頭や身体のトレーニングをすること

など独自の考えを語ります。

takei03

どんなに忙しい日でも、1日に最低でも1時間は「自分が知らないこと」を勉強するのに時間を使うという武井さん。

今日の自分が昨日の自分より成長するために、オトナになっても継続して学び続けることが大切だと改めて気づかされました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです