「いいな」を届けるWebメディア

アート

2015年12月25日 更新

キャンバスに描かれた「電球」がもう本物にしか見えない

honmono00

FEELYでは過去に「白紙に描かれた「絵」がもう本物にしかみえない」という記事をご紹介しました。

そして今回も同じ作者である、イタリア人イラストレーターのマルチェロ(Marcello)さんが再び本物にしか見えない絵を描きました。

作者

出典:blogspot.com

様々な作品を生み出す彼が考え出した今回のテーマは「電球」。

一見すると本物の電球に見えるのですが、なんと1枚の紙に描かれた「絵」なんです。それでは絵が完成する過程をごらんください!

映像

映像を見た人のコメント

まるで触れそうなほど立体的
すごすぎる・・・
まるで魔法ですね!

など驚きの声があがっています。

honmono01

これだけ緻密なイラストですが、この電球の絵にの作成にかかった日数はたったの4日(1日3時間〜5時間)というから驚きです。

公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです