「いいな」を届けるWebメディア

コラム 感動

2016年01月07日 更新

【予想外の結末】無断駐車する人にクレームの手紙を残してみたところ・・・

なんかほっこりするクレームのやりとり

heart

pemuさんが画像アップロードサイトimgurに昨年末に投稿した出来事です。
その「友達の身に起こったこと」はとても興味深いものとしてネット上で反響を呼びました。

pemuさんの友人男性が自分の駐車スポットに車をいれようとしたところ、すでに他の車が無断で停めていたそうです。
仕方なくその男性は道端に自分の車を路上駐車します。
そのまま一晩置いておいたところ、翌朝にはまんまと駐車禁止の罰金チケットが窓に挟まっていたそうです。
やりきれない思いを、男性は無断駐車しているその車に手紙として残しました。

1手紙

出典:imgur.com

~見知らぬ君へ~
君が僕の駐車スペースに昨日の夜(もしかして今も?)車停めちゃったから、僕は昨晩道端に路駐しなくちゃいけなかったんだよ。そしたら駐禁きられたよ!お金無くなっちゃったよ!
ここは個人所有の駐車スペースなんだ。君の車をレッカーしてもらうこともできたけど・・・・まぁそれはしないよ!
でも、もう僕の場所に停めないでね!

困ってしまったという事実を伝えたい一心でメモを残した男性ですが、特に返事は期待していませんでした。
すると、意外なリアクションがあったのです。

2返事

出典:imgur.com

まずお詫びさせてください。君のとこに勝手に駐車しちゃってごめん。この時期なんかちょっとイヤなやつになりがちで・・・。罰金にかかった分を支払わせてください。もしくは何か他の必要なことにでもこのお金を使ってください。
メリークリスマス!
~君の駐車スポットを盗んだアホより~

という内容の返事とともに20ドル札が5枚添えられていたそうです。
生活していく上で他人との行き違いはよくあることですが、こういうふうに気づかいが見える解決法っていいですね。

このやりとりの画像を見た人たちも、

「こんな対応がお互いできたら世界はすごく平和になるね。」
「元カノとの喧嘩もこんな風に平和におさまってくれたらよかったのにな・・・と思う・・・。」
「2人ともイイやつ。」

というような反応を見せています。

このやりとりが行われたのはクリスマス

欧米では、この時期「クリスマス・スピリット(クリスマスの精神)」という言葉をよく耳にします。
日本とは少しクリスマスのとらえ方が違うのは割と言われていることですが、このクリスマス・スピリットには
「感謝すること」
「わかちあうこと」
「許しの気持ちをもつこと」
なんかが含まれているそうです。

優しい気持ちを他者に差し出すと、なんだか自分も幸せな気持ちになれる。
それをこの時期に再確認していこうね、という思いが強まる時期なんだそうです。

相手の立場を想像して両者思いやりで解決したこの無断駐車事件は、いさかいをちょっとしたいい思い出に変えるクリスマス・スピリットのお手本ですね。

クリスマス時期だけではなく、1年中ずっとそんな気持ちで過ごしていけたらいいなと感じるお話でした。

■出典Diply

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです