「いいな」を届けるWebメディア

コラム ニュース

2016年01月24日 更新

「腕が麻痺したんなら、つくればいいじゃない」精神がすごい!バリに住む青年が自分でつくったロボットアーム

インドネシアのバリ島に住む青年Wayan Sumardana Sutawanさんは、30代前半の青年。あるとき彼は脳卒中になり、一命は取りとめたものの、片方の腕に麻痺が残ってしまいました。

1923847_1107035542640341_3771954633011997156_n

出典:facebook.com

奥さんと子どものの家族5人で暮らしていたWayanさん。「このままでは家族を養ってあげることができない」と感じて、驚きの行動に出たのです。

12553009_1107035495973679_6381403248481369228_n

出典:facebook.com

それは、麻痺した腕の代わりに動いてくれる、新しい腕をつくること。

12565409_1107035945973634_6208668885394503037_n

出典:facebook.com

12507388_1107035992640296_2588610922391261734_n

出典:facebook.com

学生時代や仕事で得た工業知識や溶接経験を用いて、自分専用の「ロボットアーム」を考案し、実際につくって利用しているのです!!!

12509664_1107036159306946_5788429195044302972_n

出典:facebook.com

いったいどういう構造なのか、安全に問題はないのか?なぜ一人でつくれたのか…いろいろと「?」が残るところですが、実際の映像を見ると納得せざるを得ません。

1929816_1107036092640286_949871982236350355_n

出典:facebook.com

まるで映画のヒーローのように、ロボットアームを使いこなすWayanさん。その技術が和田になり、多くの人が彼の技術や境遇に注目しはじめている今、これからどんな風になっていくのでしょうか。目が離せませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです