「いいな」を届けるWebメディア

CM

2016年12月02日 更新

遠距離恋愛中の男女が実際に走って会いにいく、愛の距離感を伝えるCM

ai
遠距離恋愛中の2人が、1,000km(10億ミリ)の道のりを実際に走って会いに行ったCMを、あなたは覚えていますか?

「主演募集」
「遠距離恋愛中の男女」
「スポーツに自信のある方」
「ギャラ200万円」
「LOVE DISTANCE制作委員会」

たったこれだけの情報で応募して選ばれた、福岡と東京で遠距離恋愛中のカップル。

gomu

hashiru

個人の携帯電話を取り上げられ、とにかく言われるまま、会いに行くために互いの住まいからスタートし、ひたすら走り続ける二人。

hashiru

huji

最初に離れていた約10億ミリ(1,000キロ)の数値が、近づくにつれ少しずつ縮まっていきます。

hashiru

hashiru

走り続ける様子はネット中継も行われ、二人が走った期間は1ヶ月。

deau

スクリーンショット 2015-06-08 14.35.15

ai

大阪で見事再会へ…久しぶりの再会に抱き合う二人の数値は、抱きしめあった瞬間0mmへ。

gyu0

しかしCMは、それだけでは終わりません。

それでも、愛に距離を。

このCMが本当に伝えたかったこととは?
知らなかった方はぜひ、ハッとさせられる結末を動画ご覧になってください。なんのCMだったのか、このカップルも終わるまで知らされていなかったそうです。

「Love Distance」

CMは2009年カンヌ国際広告祭(カンヌライオンズ)フィルム部門で、日本では13年ぶりとなる金賞を受賞。二人が走る様子はネット配信され、CMも話題だったので知っている方も多いかもしれません。しかし今も、鮮明に覚えている方は少なかったのでは?改めてもう一度、愛の大切さを考えてみるのはいかがでしょうか。

海外CMも面白い

日本のとはまったく違う方向性になりますが、みなさん海外のコンドームのCMは見たことがありますか?

スーパーで買い物に来たパパと息子。欲しいものが買えなくて、激しくグズりだす息子をなだめるも…

あなたなら、どちらの方がより商品を使用しようという気持ちが強まりますか。なんにせよ、商品の大切さを改めて考えさせられる、素敵なCMのご紹介でした。

出典:相模ゴム工業株式会社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

こちらもおすすめです