「いいな」を届けるWebメディア

動物 感動

2016年01月30日 更新

「君が大好き!」生まれも種類も違う二匹の赤ちゃんを結ぶ強い絆のカタチとは

仲良く寄り添うのは、まるで映画のような少し不思議な組み合わせ。

12360440_901575506576872_4578536667792994578_n

出典:https://www.facebook.com

こちらの二匹は、チリのサンティアゴにある動物のための非営利団体「Santuario Igualdad Interespecie」によって保護された猫の赤ちゃんと豚の赤ちゃん。
二匹はそれぞれ別のところからやってきました。

小さな二匹

猫の赤ちゃんの名前はマリーナ。保護された当初はまだ手のひらサイズの赤ちゃんでした。
980x1

出典:https://www.facebook.com

産まれたばかりだったマリーナは、一人ぼっちで道に捨てられていました。その時は病気にもかかっており、長く生きられるかも分からない状態だったそうです。

そして豚の赤ちゃんの名前はローラ。もとは食肉工場で産まれたんだそうです。

980x2

出典:https://www.facebook.com

それを引き取ることになり、まだ赤ちゃんのまま母親と別れたローラは「Santuario Igualdad Interespecie」にやってきました。

産まれも種も違う二匹ですが、仲良くなるのに不思議とそう時間はかからなかったそうです。

980x

出典:https://www.facebook.com

この団体が保護した動物の中で最年少のこの二匹は、今ではみんなのアイドルのような存在になっています。

この二匹が互いを信頼し合っている様子は動画からも見て取れます。

動画

小さな体で精一杯お互いの存在を確かめるようにじゃれ合う姿に、なんだか心打たれますね。産まれながらに辛い環境にいた二匹だからこそ、互いに思いやることや愛することの大切さを知っているのかもしれません。

まだまだ小さな赤ちゃんですが、これから大きくなっていく姿を見るのが楽しみです。

こちらの二匹の様子は「Santuario Igualdad Interespecie」のFacebookのページから見ることが出来ます。

またFEELYでは、他にも「種を越えた友情」のお話を紹介しています。
□「死ぬまでずっと一緒だよ!」種を超えて猛獣たちが親友になった理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです