「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2016年02月26日 更新

【乱用禁止】アイデアに行き詰まった時は「皮肉」と「嫌味」が解決!?

idea_2
「うーん、いいアイデアが浮かばない…」

そんな時、身近な人と「皮肉」や「嫌味」を言い合って、

ブレイクスルーしてみませんか?

「皮肉」や「嫌味」でいいアイデアが生まれやすくなる!?

ハーバード大学の研究者の実験によると、

1. 普通の会話をするグループ
ex)今日はいい天気ですね、など
2. 皮肉や嫌味が混じった会話をするグループ
ex)でもあなたの表情は曇ってますね、など
3. 肯定的な会話をするグループ
ex)晴れてるだけで気持ちが明るくなりますね、など

300人の実験参加者を上記3つのグループにわけたところ、

1. 皮肉や嫌味を言った参加者のうち67%がいいアイデアを思いついた
2. 皮肉や嫌味を言われた参加者のうち75%がいいアイデアを思いついた
3. 普通の会話をするグループ、肯定的な会話をするグループは
30%しかいいアイデアを思いつかなかった

といった結果が出たそうです。

その理由は!?

「皮肉や嫌味を言うには、普通の会話よりも脳を働かす必要があり、

そのおかげで良いアイデアが生まれやすくなる。」

というのが研究者達の見解です。

ただし乱用はNO!

研究者によると、

「過去の研究では、皮肉や嫌味は対人関係に悪影響をおよぼすことがわかっている。
ただし今回の実験によれば、信頼のある相手とであれば皮肉や嫌味は問題ない。」

とのことで、

要は信頼関係がある相手同士じゃないと、

対人関係に悪影響を及ぼすということです。(当たり前ですね笑)

このように、ちょっと変わった方法でクリエイティビティーを刺激するのは、

いいことかもしれませんね!

参考論文:英文

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです