「いいな」を届けるWebメディア

動物

2016年03月02日 更新

このフワモコ感は羊・・・ではナイ!くるくるヘアーのこの生き物の正体は?

羊カオ負けのモフり感

フワフワでモッコモコで、思わずさわりたくなっちゃう!
このかわいらしい外見の生き物が、なんだかわかりますか?

mangalitsa-3[6]

出典:amusingplanet.com

上の写真からはパっと見、羊・・・?
同じ種類で毛色が異なる子たちの、写真を見てみましょうか。

茶pig

出典:amusingplanet.com

うーん・・・。
羊・・・ではナイ気がする。
もう少しアップで確認してみましょう。

アップ

出典:amusingplanet.com

ハッ!この鼻はもしかして!?

ハンガリーの豚・マンガリッツァ

お察しの通り、この子たちはカールした珍しい毛をもった、豚なのです。
毛色は黒や赤みがかった種もいるようですが、よく見られるのはブロンドに近い明るい茶色だそう。

黒

出典:amusingplanet.com

赤

出典:amusingplanet.com

ブロンド

出典:amusingplanet.com

どの毛色のマンガリッツァも、カーリーヘアですね。

curly

出典:amusingplanet.com

この上の写真なんて、鼻以外はまんま羊じゃないですか・・・?

実は国宝に指定されている

かわいらしい外見のこの豚たちですが、実はヨーロッパでは「美味しい豚」として大人気だそう。
2004年にハンガリーの国会に国宝として認定されて以来、【食べられる国宝】としてメディアで取り沙汰されることが増えました。

それほど手間をかけて飼育せずとも、オメガ3脂肪酸や抗酸化作用をもった質の良い脂肪を維持していける品種で、豚肉市場では重宝されています。
世界一脂肪を多く蓄えた豚と言われており、体重の65%~70%が脂肪。
旨味が強く、ビタミン・ミネラル・飽和脂肪酸を多く含み健康にも良いと評判です。
祖先はあのイベリコ豚と同じ系統なので味もなじみ深く、日本の高級レストランなどで食べられるところもあるようですね。

動いているところはどんな感じ?

フワッフワの毛をブラッシングしているシーンを、見るみましょう。

人なつっこそう・・・。明らかに甘えていますね。
この動画を見た後には、いくら美味しいとはいえ食べられなくなってしまいそうです・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです