「いいな」を届けるWebメディア

綾野剛もドハマリ!?『斎藤さんゲーム』を徹底解析!

まずはこちらをご覧ください

  

 
こちらは綾野剛さんと高畑充希さんが出演中のCMです。
2人とも中高生に混ざってゲームをしている姿が楽しそうです。
このCMでやっている「斎藤さんゲーム」がブームになっていること、みなさんは知っていましたか?
 
※ ここでいう「斎藤さん」とは、お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤さんを指します。
 
 

検証!本当に流行っているの?

 


 


 
学校の休み時間や放課後でやるのはもちろんのこと、
 


 


 
 
このように気の合う仲間や、同じ部活の友達と楽しむ姿を動画に撮ってアップしている人もいるようです。
 
 

ルールが分かればあなたも若者の仲間入り!?

これさえ読めば、あなたも綾野剛さんのように
中高生とノリノリでゲームできるようになれるかもしれません!
 
図15

出典:https://www.youtube.com/

 
 

【1】基本的にずっと4拍子のリズム

① 机を両手で叩く
② 手を叩く
③ 右手をサムアップ
④ 左手をサムアップ(※ ①に戻る)
を繰り返していきます。
 
所作はこれで完璧です!
 

【2】手番のときは○○(2文字のあだ名)+数字(1~4)で指名

~(例)田中さんを指名したい場合~
自分の手番に「タナ+数字(1~4)」となります。
あだ名はみんなで事前に決めておきましょう。
 

【3】指名を受けた人はリズムに合わせて、数字の分だけペッ

~(例) 田中さんが指名された場合~
手番の人「タナ2」→田中さん「①(休)②(休)③ペッ④ペッ」
このように若い数字であれば、4から引いた分だけ頭にお休みです。
間違ってしまうと、アウトです!
唱えたら次の人を【2】あるいは【4】に従って指名しましょう。
 
 

【4】手番に斎藤さんが指名されたときは・・・

みんなで「①(休)②(休)③斎藤④です」とオリジナルポーズで答えます。
もちろん、できなかった人はアウトです!
手番の人はもう一度誰かを指名できます。
 
ゲームは【2】~【4】を繰り返します。
 
 
  

んっ、このルールどこかで見覚えが・・・

 


 


 


 
そうなんです、以前放送されていた「学校へ行こう!」という番組で
一世を風靡したゲーム、「みのりかリズム4」のルールがほぼ同じなのです。
今の20~30代にはお馴染みになってましたよね。
この指摘に関してのツイートもたくさん見受けられました。
 
20代の筆者もゲームを通して、流行が繰り返されるって本当だな、と悟った瞬間でした。
もしかすると「斎藤さんゲーム」は今の10代と上の世代をつなぐゲームなのかもしれませんね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです