「いいな」を届けるWebメディア

コラム 赤ちゃん

2016年04月20日 更新

母の切実な思い【同情なんていらない!アザはこの子の魅力のひとつ】

ケイティ・クレンショーさんの娘・チャーリーちゃんは生まれつき顔にアザがあります。
イチゴ状血管腫と思われ、妊娠初期の段階でなんらかのきっかけによって起こると言われていますが、はっきりとした原因や予防策は解明されていません。

BABY-CHARLIE-ONE-USE-ONLY-600x315

出典:mamamia.com.au

「アザがあるからってこの子の美しさは変わらないの」

ケイティさんは今年の1月、【娘のチャーリーちゃんを目にした時の周囲の反応について】を自身のブログにつづりました。
それが反響を呼び、SNSで拡散され、色々なメディアで紹介されています。

正面

出典:mamamia.com.au

「チャーリーの顔を少しくらいじっと見られたって、私はそんなことでは怒らないわ。誰だって、人と違った特徴を持った人を二度見してしまうことくらいあると思う。」と語るケイティさん。
もうすぐ30歳になる、二児の母です。

ケイティ2

出典:twelveandsix.com

「だいたいの人たちは善意で、良かれと思って言ってくれているのだ。」と常々自分に言い聞かせているそうですが、それでもチャーリーちゃんのアザに対しての周囲の反応が気になるそうです。
ブログの中でケイティさんは、周囲の人たちに何点か気をつけてほしいことを挙げています。

「アザは、チャーリーの美しさを形づくるひとつの個性だから心配しないでね。」

会話の中で「アザはいつ消えるのか?」「消えなかったらどうするの?」などと心配のあまりその話題ばかりにとらわれないでほしいとのこと。
「もしアザが消えないからってなんだっていうの?アザだってチャーリーの美しさの一部なんだから。むしろ最近のチャーリーの成長具合や、かわいらしいスマイルやキレイな瞳なんかについて語りたいのに。」

「治療のアドバイスはいらないの。」

チャーリーちゃんは専門医の指導のもとで適切なケアを受けていて、痛みや危険性はない状態と判断されています。
「健康状態にどういった影響があるか」「進行具合はどうなっているか」などの症状に関する意見を交わしたくはないのだそうです。

「過度に憐れまないでほしい。」

一番多い反応が「どうかそのアザが消えますように、とお祈りしておくわね。」と言われること。
また時には「(アザがない方の)かわいい側にお顔をむけてあげて。」「つらいわね。(アザ以外の)他のところはかわいいのにね・・・。」などと言われてしまうことも。

ケイティさんは、それに対してこう思うそうです。
「‘アザが消えますように’、ではなくて‘どんな外見でも自分を愛せる自信を持った女の子に成長しますように’、とお祈りしてほしいわ。」
「チャーリーには、写真撮影するときにわざと顔をそむけさせて見せる‘かわいい側’なんてない。写真加工でアザを消したりなんてこともしないわ。彼女のすべてが愛すべき要素なんだもの。」

正面おはな

出典:mamamia.com.au

親切心からの言葉であっても、それが時に人を傷つけるのだということを心にとめておく大切さを教えられます。
ケイティさんのお願いは、「こちらの立場にたって想像してみて。」
そしてこう続けます。
「もし、私があなたの赤ちゃんに近づいていって、大声で‘その奇妙な特徴はなんなの?’なんて訊いたらどう思うかしら?もしくは、‘この子の先天的な欠陥が消えてくれますように!’なんてお祈りしたら?」

family

出典:twelveandsix.com

ケイティさんにとっては、チャーリーちゃんのアザを含むすべてが、あるがままでかわいいのです。
そして、それはどの親御さんにとっても同じことかもしれません。

同じような境遇のお母さんたちから共感を得て、励まされたという声がたくさんあるようです。
また、このブログを読んでからは今までとは違った視点が生まれた、というコメントも。
想像力を働かせて、相手の立場に立ってみることが本当の思いやりかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです