「いいな」を届けるWebメディア

PR

Sponsored content

2016年04月27日 更新

ボクはいつもキミのそばにいたよ。 少女の成長を見守っていた意外な存在とは

提供 森永乳業株式会社

pino

キミの視点

初めてあったあの日から、ずっとそばに居てくれた。

私が小さい頃は、近くでいつも見守ってくれていたね。

pino

私が友達と一緒に遊んでいる時には、少し遠くから見てくれていた。

私が元気がない夜には、遠く離れた場所にいたのに元気をくれた。

そして、私に新しい家族が出来た時にも…。
pino

一人の女の子が少女へ、そして大人の女性になるまでの10数年間。
一緒にいてくれたのは一体誰だったのでしょうか?

彼女の側にいつも寄り添っていたのは、もちろんお母さん。
そして小さい頃から大好きだったアイス、Pinoでした。

ボクの視点

pino

小さなキミは、ボクをお口いっぱいにほおばっていたね。
pino

ボクを一人で買って食べてくれるようになったキミ。
もその頃キミとお母さんの間には隙間ができていたね。
でも、強い言葉をお母さんに言った後、心のなかでは後悔していたこと、知っているよ。
pino

いつしかキミはすっかり大人の女性に。

初めての一人暮らし、寂しくなってお母さんに電話をした時、キミが泣いていたことをお母さんは何も言わなかったけれど、本当は気づいていたんだよ。
pino

そして、ママとなったキミ。キミの子供とお母さん両方に食べてもらった時、ボクは本当に幸せだったんだ。

幸せのサイクル

幼いころお母さんが食べさせてくれたPino。
そして彼女がママになった時、子供と一緒にまたPinoを食べる。

Pinoが生み出した幸せのサイクルです。
pino

そんなPinoも今年で発売40周年を迎えました。 これからも家族や友達、大切な人と一緒に、幸せのサイクルを広げていってください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです