「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年11月24日 更新

「私が嫌いな人も、情報だけはツイートしてください!」ダレノガレさんが涙の熊本訪問

5月3日、ダレノガレ明美さんがツイッター上で、熊本地震の被災地を訪問したと更新しました。

ダレノガレさんは、地震が発生した後、被災地の情報を積極的に発信していましたが、「指で操作するだけじゃなくてなんか行動すればいいのに」自身のツイートに対する批判を受けていました。

「熊本に行きたくても、問い合わせをしたところ今は立ち入ることができません!っと言われました。すみません」と冷静に釈明。

「直接行くことはできないんですけど、SNSで調べて情報を載せることはできる。載せるしかできないんですけど、それでも情報を求めている人はいると思う」と告白。

出典:ORICON STYLE ダレノガレ明美、震災支援“指だけ”批判も前向き「私は発信していく」



それでも、ダレノガレさんは、140万人のフォロワーがいることの強みを生かし、被災地の支援に関する情報を発信し続けていました。

そして、5月3日、少し落ち着いたタイミングで熊本を訪問。

被災したペットを受けいれている「竜之介動物病院」にはサプライズで訪れたそう。

アディダスの青いトレーナー姿でペットを抱いてる様子を投稿しています。

院長の徳田さんもダレノガレさんの訪問に対して、Facebookページでコメント。

テキパキと動く姿は想像できなかったけど、大きな支援物資の段ボールを自らの手で持って運んでいる姿は意外だった。


地震の時に飛び出し交通事故で顔面を強打し目が飛び出している猫ちゃんに一生懸命「がんばるんだよ!」と話かけている。


普通の女の子だと目を背けたくなる様相なのにしっかりとその猫ちゃんを見つめて話をする姿はまるで飼主のようだった

ダレノガレさんは、自身も猫を飼うなど、動物への愛情が強いようです。

かねて動物愛護に関心があることを話していたそうで、そのこともあって同病院に訪れたことを話していたという。

ダレノガレは約1時間同病院に滞在し、次の場所に向かったという。

出典:デイリースポーツ ダレノガレ 被災地巡り涙のペット支援

※ ダレノガレさんは熊本を訪問した後も情報を発信しています

そして、帰宅後のツイートでは涙したことを報告
さらに、炊き出しに参加したにもかかわらず、“疲れが取れた1日”と表現。
近いうちに熊本を再訪することを約束していました。

「偽善者ぶるな」「そんなことツイートせずに、寄付しろ」といった批判をされながらも、少しでも役に立って欲しいとの想いで情報を発信し続けていたダレノガレさん。

色んな想いが胸に押し寄せる熊本訪問だったのではないでしょうか。


「竜之介動物病院」の取り組みについてはコチラの記事をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです