「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題 コラム

2016年05月20日 更新

中学生の娘「体育の先生が変わってから楽しくなったよ!」 その理由が無視できない・・

「体育が新任の先生に変わってから、突然体育が楽しくなったよ!」

@yosinotenninさんが投稿したツイートに多くの共感の声が寄せられています。

体育 娘

出典:PIXTA





中学生の娘さん、鋭い指摘の良い感想をお母さんに送っています。
体育の授業をスポ根とは別の問題として冷静に捉えていると思います。


指導者が変わってから、劇的に変わったそうです。




さらに、娘さんのクラスでは、こんな悪い余波も起きてしまったそうです。


先生が生徒を追い込むあまり、生徒が学んだことは、不正の抜け道。


共感の声が目立ちました。



このツイートを通じて、体育の問題に限らず、
「自分の言いたいことは、必ずしも相手が聞きたいことではない」
その判断が指導側に求められているような気がします。

今回、技術や成績が向上しないことに対して、悔しさを感じるのは、きっと先生も生徒も同じ気持ちだったはず。

生徒たちが “できるようになりたい” の感情を持って取り組んだ上で、求めていたのがより具体的なアドバイスでした。

体育の授業は、あらゆる種目の競技を教えるため、指導する側の方が実は難しかったりもしますが、相手が聞きたかったアドバイス(言葉)はなんだったのか理解する姿勢がもう少しあれば、不正を実行してしまうような負のスパイラルから抜け出せたのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです