「いいな」を届けるWebメディア

お笑い・ネタ 感動

2016年11月24日 更新

「あの一言があるから、ここまで頑張れた」出川さんが号泣した、さんまさんのメッセージとは

多数のバラエティ番組に出演するも、バカキャラを演じ、風当たりの強い役回りが多い出川哲郎さん。

今回ご紹介するエピソードは、そんな出川さんが「あの一言があったから、僕はここまで頑張ってこれた」と振り返る名言。

その一言は、皆さんの記憶にも残っている番組『恋のから騒ぎ』にて、十数年前に明石家さんまさんが出川さんに向けた熱いメッセージでした。

※ 『恋のから騒ぎ』は、小林麻耶さん・麻央さん、牧野結美さん、佐藤渚さん、小倉弘子さんなど有名アナウンサーを輩出したことでも知られる人気番組です。(1994~2011年まで放送)

恋のから騒ぎ
ブタネコのトラウマ

出川さんを、勇気付けたさんまさんの一言

番組では【将来、どんな職業につきたいか】というトークテーマで進行。

とあるグラビアアイドル風の女子大生がこんな意見を口にしました。

「私は二流タレントになりたいんです!」

笑いが起きる中、さんまさんが、次の質問をします。

「例えば、二流タレントって誰や?」

すると、女子大生は「例えば、出川さんとか!」と回答。

出川さん 株式会社 蔦金商店

出典:株式会社 蔦金商店



その回答を聞いたさんまさんは、返す刀で

「出川は 一流や」

真剣な顔で、彼女を諭すように答えたそうです。

笑いで返さなかったのは、最初で最後

常に笑いを意識し続けてきた、さんまさんだからこそ理解できる出川さんの役回りの重要さ。

同番組内で、笑いやつっこみ以外で女の子にリアクションしたのは、後にも先にもなかったそう。

この話を聞いた出川さんは「泣きそうになった」と他のバラエティ番組でも語っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです