「いいな」を届けるWebメディア

Instagramで話題 動物 感動

2016年05月24日 更新

「余命半年⇒4歳に」 “寄り目”猫ケビン君を拾った女性スタッフとの奇跡とは

海外の猫「ケビン」君がインスタグラムで大人気!

ケビン君は“王室御用達”感に溢れた高貴な毛並みが人気の「ロシアンブルー」。

彼は、大きな頭と、眼球が内側に寄った瞳が特徴。

その特徴の理由は、彼が「水頭症」という病気にかかっているためでした。

水頭症(すいとうしょう)とは、脳脊髄液の産生・循環・吸収などいずれかの異常により髄液が頭蓋腔内に貯まり、脳室が正常より大きくなる病気である。脳脊髄液による脳の圧迫が、脳機能に影響を与える。おもに乳幼児に多くみられる。

出典:Wikipedia

この病気により、ケビン君は、視力や聴力、反射神経に問題がありました。
しかし、不幸中の幸いなことに、それらを完全に失ってはいなかったそう。

捨て猫だったケビン君は余命半年を宣告される

ケビン君は、その障害を理由に飼い主から捨てられた過去があります。

生後4ヶ月の時に駐車場に捨てられ、動物病院に勤めるタイラーさんに引き取られました。

明らかに様子のおかしなケビン君は検査を受けた結果、水頭症と余命6ヵ月を宣告されることに…

懸命に生き延びるケビン君

その後、ケビン君はタイラーさんの献身的な介護のお陰もあり、先日ついに4歳になりました!
なぜ、生き延びたのか解明できていないそう。

そして、タイラーさんはインタビューにて「ケビンの奇跡は“すべての小さな命にはチャンスがある”ことを人々に教えてくれたと信じている」と答えています。

遊んでいる無邪気な様子をみると、ごく普通の猫と全く変わらないですよね。

インスタグラムには、ケビン君のファンが沢山います

ケビン君、タイラーさんとこれからも幸せにね!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです