「いいな」を届けるWebメディア

コラム 社会

2016年06月04日 更新

「これが私のヌードよ!」下着を通じて人種の多様性を訴える広告が反響を呼ぶ

女性にとって欠かせないものの一つがアンダーウェア。


綺麗なレース、フィット感、体型カバー、人によって下着に求めるものは様々。

今回ご紹介する、サンフランシスコ発の下着ブランド「Naja」は、機能面だけでなく着用者が「着ていて元気になれる」ことをテーマとして打ち出しています。



「ランジェリーで女性を勇気づける」

これはサンフランシスコの下着ブランド「Naja」が掲げる企業理念。

「Naja」を立ち上げたコロンビア出身のカタリーナ・ジラルドさんは、弁護士として働いていたものの、本業の傍ら経営やデザインを勉強するようになり、「Naja」を起業した経歴の持ち主。
(共同創業には女優のジーナ・ロドリゲスさんもいます)

ジーナ ロドリゲス

出典:naja.co

カタリーナ・ジラルド

出典:latina.com

創業前、性的な側面ばかりを強調している女性下着の広告に違和感を覚えたそう。

そのため「Naja」が提供する下着は、もっと自由で遊び心のあるデザインが多くなっています。

naja ホームページ

出典:naja.co

そして、5月に発表した「ヌードカラー」のアンダーウェアが世間に衝撃を与えました。

nude for all

出典:racked.com

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです