「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ

2016年10月23日 更新

「男には人生を賭けて戦わなアカン時がある」監督から選手へ最後のメッセージ

今回ご紹介するのは、学生スポーツのワンシーン。

「プロスポーツ」と「学生スポーツ」の違いの一つに「明確なリミットがある」ということが挙げられます。

一般的にプロのスポーツ選手は、所属するチームの状況や実力、体力的な限界などを考慮しながら引退期間が決まります。

学生スポーツに取り組む選手は、その学生の卒業が選手登録のリミットになります。

例えば、甲子園の試合後に選手が思わず泣いてしまうシーンは、その象徴ではないでしょうか。

「男には人生を賭けて戦わなアカン時がある」

この動画は、一年間取り組んできたチームがシーズン最後の大一番に臨む場面です。

立命館大学アメリカンフットボール部「パンサーズ」が、社会人チーム「松下電工インパルス」(現パナソニックインパルス)と日本一の座を賭けて戦う『ライスボウル』の試合前。

下馬評では社会人チームが有利と言われている中、相手に挑む選手達を監督が鼓舞します。

この試合が終われば4年生は引退、チームが解散します。

※アメリカンフットボール界では、誰もが知るほどの名シーンだそうです

4年間の集大成を一つの試合にぶつけなければならない現実に、虚しさや儚さのような複雑な感情が入り混じってしまいます。

ただ、その一回性の限界こそが、学生スポーツの醍醐味をつくりあげているのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです