「いいな」を届けるWebメディア

感動 社会

2016年07月18日 更新

もし、イギリスでシリアと同じことが起きたら? 日常が戦争へと変わる恐怖を訴えたビデオ

日常が戦争へと変わっていく。

今回ご紹介する動画は、子どもの権利を保護するために活動するNGO団体「Save the Children」によって制作されたもの

目を背けたくなるようなシーンも登場しますが、今、シリアで起こっていることを伝えるために撮影されています。
※再生回数は、5,300万回を超えるなど世界で大きな反響を呼んでいます。

イギリスに住む一人の少女「リリー」。

動画を再生するとすぐに、明るい歌声が聞こえてきます。

ハッピー・バースデー・トゥー・ユー♪

幸せそうな少女。笑顔を浮かべながら、勢いよく蝋燭を吹き消します。

彼女の人生も、さながら、この蝋燭の火のような状態へと変貌していきます。

シリア イギリス

出典:YouTube

平凡且つ平和に過ごす少女の日々。
口紅を塗ったり、リコーダーで曲を演奏したり・・

Most Shocking Second a Day Video

出典:YouTube

しかし、状況は一変します。

停電や空襲が相次ぎ、家を失った少女は、父親とはぐれて難民キャンプへと逃れます。

Most Shocking Second a Day Video

出典:YouTube

動画の序盤では笑顔に溢れていた彼女の表情から、喜びと嬉しさは徐々に消え、幼い少女は精神を蝕まれていきます。

ようやく病院へ。
彼女の表情が意味するものは恐怖でも絶望でも、はたまた希望でも喜びでもなく「無」でした。

動画の冒頭と同じく、難民キャンプでバースデーケーキを差し出されたリリーは、無言でした。

これと同じことが、シリアでは起こっています。

そして、今年5月に続編が公開

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです