「いいな」を届けるWebメディア

コラム 感動

2016年08月11日 更新

イギリスの「ヤギ男」、なぜ彼はヤギになって人生を楽しんでるの?

動物になりたいと思ったことはありますか?

古来より、人間と動物が一体化する儀式を執り行う民族・部族は数多く存在します。
これは、動物になりきることで人間にはない超人的な力を得るためです。

ベルセルクという言葉をご存じの方も多いでしょう。
狂戦士という和訳で知られますが、本来はバイキングの時代の北欧にいた異能戦士のこと。

ベルセルク

出典:wikia.com

彼らは素肌に熊や狼の皮をまとうだけの格好(時には全裸)で勇猛に戦いました。

ベルセルクは狼や熊になりきることで人間としての自分を忘れ、猛獣のように猛り狂ったと伝承されています。

同時に、あまりに危険な存在のため、戦争の時は味方も近寄らなかった、と言われています。

ヤギになった男「トーマス・スウェイツ」

このように動物になりきる戦士は他にもアステカ・インディアンにもいました。

今でも動物の鳴き声を真似た叫びで士気を高めるスポーツチームもあります。これも一種の動物崇拝ではないでしょうか。

しかし、近代に入り、動物の様々な能力を科学的に圧倒してしまった人類は動物の力を得ようという考えは薄くなりました。

そんな中、「人間をやめ、ヤギになった男」が世界的に話題になりました。

ヤギ男

出典:Daily Mail

なぜ、彼はヤギになることを選んだのでしょうか?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです