「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ ニュース

2016年06月14日 更新

「もう一度大好きなクラブに戻ってこれるように・・」 アルビレックス新潟 早川史哉選手が急性白血病に

「もう一度大好きなクラブ、アルビレックス新潟に戻ってこられるように頑張ります!」

アルビレックス新潟は、2016年6月13日、同クラブに所属するDF早川史哉選手(22)が「急性白血病」と診断されたことを公式ホームページにて発表しました。

アルビレックス新潟 早川選手

出典:アルビレックス新潟公式ホームページ

早川選手は4月24日に行われたJ1リーグ 名古屋グランパス戦後にリンパ節に腫れが見受けられたことから、精密検査を行ってきました。

早川選手は現在、病院で寛解(※)に向けた治療を始めているそうです。

※骨髄中に検出されるがん細胞が5%を下回る状態

早川選手は、クラブのホームページを通じてサポーターに向けてメッセージを発信しています。

早川史哉選手コメント

いつも応援してくださりありがとうございます。

サポーターの皆さんから受ける応援は幼い頃から夢見ていたもの以上であり、いつも自信や力を与えてくれました。

だからこそもう一度、みなさんに元気な姿をお見せできるように病気と闘います。

厳しい闘病生活になると思いますが、病気と闘う姿勢や復帰を目指す歩み方を通じて、同じ病気や様々な病気と闘っている人、多くの人に勇気や希望を与えることができればと感じています。

華やかじゃないけど自分らしく地道にコツコツと。

もう一度大好きなクラブ、アルビレックス新潟に戻ってこられるように頑張ります!

出典:アルビレックス新潟公式ホームページ

各チームのJリーガーからのコメント

サンフレッチェ広島 野津田選手

アルビレックス新潟 西村選手

ガンバ大阪 東口選手

サポーターからのメッセージ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです