「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年06月20日 更新

今日は夜空を見よう!ロマンティックな夜を演出する「ストロベリームーン」

ストロベリームーン

出典:PIXTA

今日2016年6月20日は素敵な天体ショー「ストロベリームーン」を見ることができますよ!

夏至の頃に目撃される赤みを帯びた満月をネイティブアメリカンたちは「ストロベリームーン」と呼び習わす習慣がありました。

この月を見ると「好きな人と一緒に見ると幸せになれる!」という言い伝えがあります!

なぜストロベリーかというと、月がイチゴのように赤みがかかるから。

また、ネイティブアメリカンがよく食べていた野イチゴがおいしくなるのがこの時期という説があります。

まさに甘酸っぱい味がする幸せとぴったりですね!

ツイッターではストロベリームーンを待ち焦がれる声が上がっています。

なぜ、ストロベリームーンは発生する?

月の満ち欠けは太陽と地球の位置関係により起こります。

満月が見える時、月は地球を真ん中にして太陽の反対側にいるんです。

また、夏至の時は、太陽はとても高い位置に、そして逆に月が低いところにいます。

皆さんも赤い月は見たことがあると思いますが、赤い月は時間が経つと白くなりますよね。

これは低い位置に月があると、光の波長の関係でいつもより赤みを帯びた光が届くからです。

そして、今日の月は1年間で一番低い位置を通過します。

だから、一晩中ほんのりと赤く染まるんです。

でも、そんな物理学的な話を忘れて、おいしそうなお月様を見ながらロマンティックに語り合うのも素敵ですね。

恋人がいる人もいない人にも等しく幸せが降りかかりますように!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです