「いいな」を届けるWebメディア

「1時間に100ミリの雨の威力」を力士に例えた解説がわかりやすいと話題に!

雲研究者・気象庁気象研究所研究官として雲の物理学を研究する荒木健太郎(@arakencloud)さんのツイートが話題に。

荒木健太郎さんは、天気予報でよく目にするものの、なかなか実感しにくい「1時間に100ミリの雨」のイメージを「重さ」に変換。

※気象庁は降水量を雨がそのまま溜まった場合の深さで表しています

さらにそれを「力士(お相撲さん)」に例えることでその危険性をわかりやすく説明しました。

「1時間100ミリの雨」=「100キロの力士が1平方メートルあたり1時間にひとり落ちてくる」

ビジュアルがややシュールですが・・

たしかに荒木健太郎さんの表現で解説されると恐怖を実感できますね。

ちなみに女性の「つけまつ毛」も蓄積すると相当な負担になるそうですよ。

力士 つけまつ毛 負担

出典:angfa-store.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです