「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題 ニュース

2016年08月11日 更新

五輪の聖火セレモニーの見世物にされたジャガーが逃亡→射殺される悲劇

「人間はいつになったら学ぶのか」

リオ五輪の聖火リレーの式典に参加したジャガーが人間に襲いかかったため、射殺されました。

人間のエゴで射殺される動物を悲しむとともに、組織委員会を批難する声が相次いでいます。

リオ オリンピック ジャガー

出典:olimpiadas.uol.com.br

射殺されたジャガーは、本当に聖火リレーの式典に必要だったのか?

幼い頃から、アマゾン地域で多くの兄弟と動物園で暮らしてきたジャガーの「ジュマ(Juma)」。
この日は、五輪の開会式に向けてブラジル国内を移動する聖火リレーの式典に参加させられていました。

陸軍の発表によると、ジュマは移動中に飼育員から離れて逃走。鎮静剤が入った銃を4発撃ちましたが、効果が現れず、近くにいた人間に襲いかかったため、射殺されました。

ジャガー 射殺 聖火リレー

出典:dailymail.co.uk

地元のオリンピック組織委員会は「聖火と野生動物を一緒にするべきではなかった。大きな罪を犯してしまった」と、コメントを残しました。

一方、動物保護団体は「人間は学習しないのか?野生動物を捕まえて、自然でないことをさせて、まるで時限爆弾を抱えているようなものだ」と激しく批判しています。

ジャガー リオデジャネイロ オリンピック

出典:dailymail.co.uk

人間の見世物のために連れ出された挙句、責任を押しつけられ、命まで奪われたジュマが無念でなりません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです