「いいな」を届けるWebメディア

社会

2016年07月03日 更新

6歳の幼女の“服装”を変えると、大人は「近寄るな」と態度を変えた。ユニセフの社会実験

人の魅力ってやっぱり外見で決まるの?

ユニセフが、ヨーロッパ「グルジア」の首都トビリシで行った社会実験が注目を浴びています。

グルジア トリビシ

出典:PIXTA

「裕福そうな格好」と「貧しそうな格好」に対する人々の反応を検証

実験では、6歳のアナノ(Anano)ちゃんに「きれいな服装」と「みすぼらしい服装」の両パターンの格好をさせます。

そして、街角やレストランに向かわせて、人々のアナノちゃんへの反応を検証するという内容。

アナノちゃん

街角での反応をそれぞれ検証

裕福そうな格好をした場合

実験の動画ではまず、綺麗な格好をした子役のアナノちゃんが街角に立つ場面からスタート。

綺麗な格好で立つ少女

それほどの時間が経過しないうちに、さっそく通行人から声をかけられます。

さっそく声をかけられる

迷子になったのか聞かれ、親切に電話をかける人まででてきます。

迷子になったの?

貧しそうな格好をした場合

次いで、実験スタッフはアナノちゃんにすすを顔につけるなどといったメイクを施します。

みすぼらしいメイク

そして、みすぼらしい雰囲気が出た状態で、先ほどと同じ場所に立ってもらいます。

みすぼらしい格好

多くの人が幼女を無視して通りすぎ、アナノちゃんは誰からも声をかけられませんでした。

誰からも声をかけられない

この結果を受けて、人がより密接した空間であるレストラン(ショッピングモール内)に場所を移して反応をみました。

ショッピングモール

ユニセフのカメラ

実験の結果はより際立ったものとなり、子役として参加したアナノちゃん自身を傷つける事態に・・

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです