「いいな」を届けるWebメディア

動物 感動

2016年07月09日 更新

路上で車にひかれた黒猫をみたギタリスト、彼の予感は的中した・・

消えゆく運命にあった小さな命が、運命的な出会いによって、幸運にも救われました。瀕死の重傷で横たわる猫と、それを救ったあるギタリストの話です。

ギタリストと猫

カナダのブリティッシュコロンビア州に住むギタリストのデニスさん。
激しい雷雨のなかでトラックを運転していると、道路上に横たわる、小さな影を見つけました。

豪雨

出典:pixta.jp

その影は黒猫。

不幸にも車にはねられてしまったようでした。

黒猫はピクリとも動かず、その姿を見てデニスさんも死んでいると感じたのでしょう。

一度はそのまま通り過ぎたデニスさんでしたが、心の中で何か声がしました!

「いや、あの猫は生きている」

デニスさんはこの不思議な直感に突き動かされ、すぐさま来た道を引き返します。

黒猫の元へ行くとまだ息がありました。やはり生きていたのです。雨に打たれながらも、黒猫は必死に生きようとしていました。迫り来る運命と戦っていたのです。

デニスさんの心のなかで叫んだ「何か」は、もしかすると黒猫の魂の叫びだったのかもしれません。デニスさんはその猫を抱き上げ、トラックに乗せてすぐに動物病院へと向かいました。

瀕死の黒猫

黒猫の状態は酷いものでした・・

頭蓋骨はくだけ、鼻も潰れ、さらに顎もずれてしまっていたのです。

それでも懸命な治療の結果、黒猫は幸運にも一命を取り止めることができました。

黒猫

しかし、黒猫にさらなる不幸が降り注ぎます。

黒猫の耳には「飼い猫」だと証明する認証番号のタトゥーがあり、それを手がかりに飼い主に連絡をとることができました。

しかし、電話に出た黒猫の飼い主は、思いもよらぬことを口走ったのです。

「迎えには行けない。そちらに任せます」

飼い主は重傷の黒猫を、無情にも捨てました。

帰る家をなくした黒猫。

そんな黒猫を「見捨てる」という選択肢は、デニスさんにはありませんでした。

デニスさんは黒猫の治療費を負担して「BB-8」という新たな名前を与えました。

すでに共に暮らしている2匹の猫達と、新しい家族として迎え入れました。

ラスト

デニスさんは「尊い命を救うためには、諦めない心を持つことです」と、メッセージを寄せています。

BB-8の怪我はまだ完治しておらず、多くの手術を控えています。

でもこれからは、「運命的な出会い」を果たした優しい飼い主さんとの、幸せな人生が待っているのです。

黒猫とギタリスト

記事参照:facebook.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです