「いいな」を届けるWebメディア

お笑い・ネタ

2015年12月18日 更新

【空飛ぶネギ】NASAが開発中の超音速旅客機が「長ネギ」にそっくりだと話題に

NASAが現在開発中の、新型超音速旅客機。その旅客機の「デザイン」がネット上で話題になっています。

その問題の旅客機がこちら。

negi(NASA の産業パートナーであるロッキード・マーティンが作成した新型旅客機のイメージ図)

非常にスタイリッシュなデザインで、かっこいいのだが、その緑と白のカラーリングと細長い機体から「長ネギにそっくり」と話題になっている。

画像を見た人たちの反応

なおこの機体は、2003年に飛行を終えたマッハ2.04で巡航可能な超音速旅客機「コンコルド」以来の、超音速の機体として、NASAが研究開発を進めている機体だそう。

超音速で物体が通過した際に発生する「ソニックブーム」という現象を少なくするため、細い機首、流線形の機体、三角翼の、この様な形状になっているとのこと。

この新世代の超音速旅客機が実用化されると、東京とロサンゼルスが5〜6時間程度(現在は約10.5時間)で結ばれる可能性もあるそうだ。

ちなみに実際に、本物の「長ネギ」と並べて比べてみると、、、

完全にネギでした。笑

参照:ennori.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです