「いいな」を届けるWebメディア

コラム 動物

2016年07月15日 更新

間一髪… ガラスをぶち破った警官が、車内放置されたピットブルを救助する

炎天下の中、大型犬のピットブルが、住宅街の路上に駐車された車の中に放置されていました。日中は40℃を超えるスペインの夏、車内の温度は50℃を超えます。

スペイン・アラバ県ラグアルディアでの出来事。

炎天下の中、大型犬のピットブルが、住宅街の路上に駐車された車の中に放置されていました。日中は40℃を超えるスペインの夏、車内の温度は50℃を超えます。

通報を受けた警察官は、すぐさまガラスを叩き割り、ピットブルを救助します。

ピットブル 犬の車内放置

救出されてすぐ日陰に向かったピットブルの様子をみると、間一髪の救出劇であったことを理解できます。

ピットブル

警察官が少しでも迷っていたら、命は失われていたかもしれません。

車のガラスをぶち破ったとしても、本当に英断だったのではないでしょうか。

先日も、子どもが商業施設の駐車場で閉じ込められた事件を配信しましたが、「少しの時間だから問題ないだろう」との油断が取り返しのつかない過ちに発展します。

大切な子どもやペットを思う気持ちが裏目に出てしまうことがあります。
安易な判断で置き去りにしないようにしましょう。

画像参照:youtube.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです