「いいな」を届けるWebメディア

感動

2016年07月30日 更新

クラスメート全員に断られた誕生会… 2日後に少年は忘れられない体験をする!

アメリカ合衆国・アーカンソー州に住むトクシーくんは、10歳の誕生日を祝うため自宅で誕生パーティーを開催することに。そして、クラスの友だち全員を招待しました。

しかし当日、彼のクラスメートは誰も来ることができず・・楽しみにしていたトクシーくんはとても落ち込みました。

一緒に準備をした彼のお母さんも同じくやりきれない気持ちになり、その出来事をフェイスブックに投稿。

すると、フェイスブックに想いを綴った2日後、彼の元にサプライズゲストが訪れます!

彼の家にやって来たのは州警察の4人の警察官と勇敢な警察犬。

警察官

出典:facebook.com

そして彼のためにサプライズパーティーを開いてくれたのです。

準備してくれたクッキーやケーキ、おもちゃ・・みんなで食事をして一緒に遊びました。

彼の表情は喜びに溢れ、見ている方も幸せな気分になります。

3

出典:facebook.com

1

出典:facebook.com

パトカーにも乗せてもらい、サイレンの鳴らし方などを教えてもらうなど、普段できない貴重な体験もしました。(帽子を被り、1日警察官の経験も)

幸せで特別な時間は、忘れられない誕生日になりました。

2

出典:facebook.com

彼らなりの警察官としての使命とは・・?

参加した警察官たちが知ったのは、彼の母のFacebookを見た人に聞いたことがきっかけでした。

ならば我々で祝ってあげようじゃないかと思い立ち、有志を募り行動に移したのです。

市民を守って助けることが彼らの使命ではありますが、寂しい思いをしている1人の少年の心に寄り添いたいという気持ちは、理屈抜きに胸を打ちます。

そこには打算や損得勘定が入り込む余地はありません。優しさに包まれたトクシーくんの笑顔が、それを物語っています。

後日再びFacebookにこの出来事を投稿し、感謝の意を示したお母さん。

それを見たアーカンソー州警察の担当者はとても喜び、思いやりは大切#kindnessmattersというハッシュタグをつけて返答します。

4人の警察官と1匹の警察犬、それを後押しした人たちのおかげで、一生忘れることのない思い出が彼の人生に刻まれました。

強くて優しい警察官にトクシーくんが憧れ、いつか逆の立場で市民を守ることになるかもしれませんね。

画像出典:facebook.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです