「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題 コラム

2016年08月29日 更新

NHKが24時間テレビを挑発?した本気の番組が話題に…

障害者は感動コンテンツなの?

夏の恒例番組である「24時間テレビ」。

障害を持った方のエピソード、挑戦する姿を映し出し、多くの人の共感をつくりあげます。

しかし、今年はその「24時間テレビ」の放送日に真っ向から勝負を挑む番組があると、ネットで話題を呼んでいます。

その番組は『バリバラ』(NHK Eテレ)。

なぜ世の中には、感動・頑張る障害者像があふれるのか?

『バリバラ』は2012年、障害者のための情報バラエティー番組としてスタート。
感動するな!笑ってくれ!のコンセプトを掲げています。

対する24時間テレビは感動を掲げており、同じ対象をそれぞれが別角度から捉えています。

『バリバラ』

出典:nhk.or.jp

※以前も、障害者差別解消法の認知を広めるべく、ダンスユニット「エグスプロージョン」を起用したプロモーション動画が話題となりました

24時間テレビに対抗してか、この日ばかりは『バリバラ』も生放送をするとのこと。

放送テーマは「検証!障害者×感動」の方程式

「なぜ世の中には、感動・頑張る障害者像があふれるのか?」と、「24時間テレビ」の番組構成に疑問を投げかける内容が予想されます。

この企画に対する視聴者の反応はどのようなものでしょうか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです