「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ

2016年08月08日 更新

リオ五輪、試合に敗戦した後、通路で泣き崩れる選手の写真が反響を呼ぶ

リオ五輪の裏側で撮影された1枚の写真が反響を呼んでいます。

その写真とはある選手が試合会場の通路で泣き崩れている様子。

男子柔道60キロ級のイギリス代表アシュリー・マッケンジー選手がインスタグラムに投稿しました。

アシュリー・マッケンジー選手は、ベスト16の試合でカザフスタン代表エルドス・スメトフ選手と対戦。惜しくも、敗戦する結果に。(その後、エルドス・スメトフ選手は決勝まで進んで銀メダルを獲得)

この写真を投稿した際、アシュリー・マッケンジー選手はファンに向けて次のようなコメントを残しました。

「この写真がすべてを説明している。今の僕の気持ちをこれ以上、語る必要はないと感じている。大きなサポートありがとう」

「皆さんのおかげでここまでこれました」

アシュリー・マッケンジー選手の幼い頃はやんちゃな性格で少年院にも入っていたそう。

しかし、ケンカ相手に投げ飛ばされたことがきっかけで柔道と出会い、人生を開花させます。前回の母国ロンドン五輪での雪辱を胸にメダルを誓って、努力を重ねてきました。

出典:jp.reuters.com

それだけに、今回の敗戦のショックは計り知れないもの。

この投稿に対しては励ましのメッセージが寄せられています。

「アシュリー、あなたは私達にサプライズを与えてくれた」
「あなたは偉大よ」
「誇りを持って、トーキョーでメダルを狙って!」

スポーツである以上、勝者と敗者が必ず存在します。
特に、五輪やワールドカップという舞台は、選手の4年間の取り組みを数試合の結果で判断します。

多くの感動を与えてくれる五輪も、別の角度でみると様々なストーリーがあることを実感させてくれる一枚でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです