「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年08月15日 更新

KAT-TUN中丸さん、TV番組に出演。涙でSMAP解散への思いを馳せる

本日、8月14日に解散を発表したアイドルグループ「SMAP」。

同じジャニーズ事務所に所属するアイドルとして一番初めに「KAT-TUN」の中丸雄一さんが心境を明かしました。

14日放送、朝の情報番組「シューイチ」(日本テレビ系)にてコメントしています。

番組MC中山秀征さんより「事務所の先輩でもありますSMAPですが、どうですか?」と話を振られると、次のように回答しました。

この件に関しては噂も多くて、冷静に動向を注視していたんですけど、昨日の夜に知って本当に困惑していますね。

記事を読むと、休止している身として、規模は全く違いますけど、そういった気持ちでみると、とても泣けるな、と思いますね。

田中聖さん(2013年9月)、赤西仁さん(2014年2月)、田口淳之介さん(2016年3月)の脱退、そして今年5月1日に休止した自身のグループ活動での経験を踏まえて話します。その瞳にはうっすら涙が浮かんでいるようにもみえました。

経験上、わかんないです、内容は知らないですけど、決断にいたるまで相当な話し合いを重ねたと思うんですよ。

だから、その決断というのは飲み込みづらいですけど、尊重する気持ちを持って、こう決まった以上は、みなさんがソロ活動に、良い方向に進むように願うしかない、と思いますね。

SMAPはもう本当、男性グループはどういったものか?という一つ提示したモデルケース・先駆者だと思うんですよね。

だから、少なからず、同じ事務所の後輩は絶対に影響受けているし、・・ちょっとまぁ悲しいですけどね。

「SMAP」メンバーの今後のソロ活動を願うとともに、後輩からみたSMAPについて思いを馳せました。

ひとつホッとしたのは、事務所の移籍がなかったこと。

自分と照らし合わせると、KAT-TUNは外に行ってるんで、今後交わることはとても難しいことだと思うんですけど、ひとつのコミュニティといいますか繋がりがあるのは、僕は個人的な意見ですが、良かったと思いますね。

最後、中山秀征さんから「グループって、どこかで立ち止まる時ってあったりするじゃないですか」と質問された中丸雄一さんは「そう考えてみると、ふと冷静になってみると、本当に25年間第一線でやられたのは奇跡じゃないか、と僕は思いますね」と、SMAPに対する尊敬の気持ちを熱く述べました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです