「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年08月15日 更新

「テニスの最高峰は五輪じゃない」それでも錦織が日本のために戦った理由とは

リオ五輪 男子テニスシングルス、日本の錦織圭選手はシングルス3位決定戦でスペインのラファエル・ナダル選手(スペイン)を撃破!(6-2,6-7,6-3のフルセットで勝利)

1920年のベルギー・アントワープ五輪の銀メダリスト熊谷一弥さん以来、96年ぶりのメダルを獲得しました。

前日の準決勝にてアンディ・マレー選手(イギリス)に敗北して臨んだ3位決定戦、相手は世界ランク5位のラファエル・ナダル選手。マレー選手、フェデラー選手、ジョコビッチ選手と並ぶ「ビッグ4」と呼ばれる強敵であり、北京五輪の金メダリスト。

画像出典:@Japan_Olympic

第1セット、錦織選手はそのナダル選手を相手に主導権を奪います。サービスゲームを2回ブレーク、最後はサービスエースを決めて6-2で先取。

第2セットも錦織選手は好調をみせていましたが、ミスが相次ぎ、第8・10ゲームはブレークバックを許します。タイブレークに持ち込むものの、逆転したナダル選手がこのセットを奪いました。

第3セットも苦しい場面があったものの、逃げ切った錦織選手はセットカウント2対1で勝利。

相次ぐライバル選手の五輪辞退…
それでも錦織選手が五輪に懸けた理由

試合後のインタビューにて、錦織選手は銅メダルをとった感想について次のように答えています。

「すごく苦しい場面が何回かあった。2セット目取り切れなくて、最後、気力を振り絞って勝てた。

もちろん銅メダルもうれしいし、このタフな試合を最後競り勝って勝てた。経験値としていいものになったと思う。

いいプレーができなくて、苦しい場面もあったが、最後までファイトして、日本のために頑張るというのは、すごく心地いいというか、楽しかった。

(五輪で日本勢が)最初にメダルを取ったのもテニスと聞いていた。自分もメダルにかける思いはあったし、昨日(準決勝で)負けてから気持ちを整理するのは難しかったけど、きょうは切り替えて、銅メダル目指して頑張った」

出典:銅メダルの錦織「日本のためにファイトした」 : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

「日本のために頑張るというのは、すごく心地いいというか、楽しかった」

リオ五輪の前にも、日の丸を背負って戦う意義について語っていました。

「オリンピックは難しいですね。ポイントがないのは正直寂しい。だからといってモチベーションがないわけではなく、違うところにある。日本人としてあの場にいられる喜びと誇り。得られるものもある。でもツアーとはまったく別物。国のお金で国のサポートを受けて国の代表として戦う場なので、いいニュースを届けたい」

出典:辞退者相次ぐリオ五輪テニスになぜ錦織は参戦するのか? | THE PAGE(ザ・ページ)

ポイントがないのは寂しいと、気持ちの揺れを語った背景には、テニス界の共通認識「テニスの最高峰は、オリンピックではなくグランドスラム(全豪、全仏、全英、全米オープンの4大会)」があったから。

リオ五輪銅メダルを獲得した錦織圭選手

出典:Getty Images

実は、今回のオリンピックからATPツアーランキング(女子はWTAツアー)へのポイントが加算されなくなったのです。理由は、五輪がアマチュアリズムを理念としているからと言われています。

※ATPツアーランキングとは男子プロテニス協会が運営する大会での実績に応じたポイントで決まるランキング。これを積み重ねることでグランドスラムを頂点とする各大会への出場権を得ることができます。

このことから、リオ五輪へのモチベーションを失った各国の有力選手は、辞退を表明していました。(ジカ熱への不安も理由としています)

それでも、世界ランキング7位とポイントを積み重ねることの重要性を理解している錦織選手は「日本人としてあの場にいられる喜びと誇り。得られるものもある。でもツアーとはまったく別物」と語りました。

個人として試合に臨む錦織選手ではなく、国の威信をかけ、そして純粋にオリンピックを楽しむ錦織圭がそこにはいたのです。

準々決勝モンフィス選手(フランス)との試合後にみせた涙、感情の爆発は当然の流れだったのかもしれません。

“ナダルと戦えて嬉しい”から“ナダルに勝つ”錦織圭に変わった

※ジャックソック選手の素晴らしい人柄はコチラの記事より
「今の入ってたぜ!」「マジ?」敵からまさかのスポーツマンシップに会場が爆笑

錦織選手とナダル選手の試合は「gorin.jp」が編集したハイライト映像にてご覧いただけます。
テニス 男子シングルス3位決定戦 (錦織圭 vs R.ナダル) – gorin.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです