「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年08月17日 更新

【ついに掴んだ金】内村選手の良きライバル「ベルニャエフ」が種目別で優勝!

8月16日に行われたリオ五輪・体操男子種目別「平行棒」にてオレグ・ベルニャエフ選手(ウクライナ)が金メダルを獲得。8月10日に行われた個人総合では内村航平選手と激闘を繰り広げ、0・099点の僅差で敗れて銀メダルを手にしていました。

 8月16日に行われたリオ五輪・体操男子種目別「平行棒」にてオレグ・ベルニャエフ選手(ウクライナ)が金メダルを獲得しました。

 ベルニャエフ選手は、8月10日に行われたリオ五輪・体操男子個人総合にて日本の内村航平選手と激闘を繰り広げ、0・099点の僅差で敗れて銀メダルを手にしていました。

 平行棒はベルニャエフ選手が得意とする種目。内村選手との死闘においても、平行棒は16・1の採点をマーク。この日も美しい演技を披露し、16・041点で優勝します。

 個人総合の記者会見では、内村選手を尊敬した清々しい対応をみせ、日本人にも爽やかな印象を残したベルニャエフ選手。この種目別の金メダル獲得には日本のファンからも喜びの声があがっています。

 また、14日に行われた体操男子種目別「男子ゆか」では個人総合・銅のマックス・ウィットロック選手(イギリス)も金メダルを獲得。あの印象的なメダリスト会見に出席した3選手がリオ五輪で金メダルをとる結果となりました。

画像出典:@verniaiev.gym

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです