「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年08月17日 更新

ガッツ石松さん、卓球ガッツポーズ論争に謎の格言を残す。「文武両道だ」

「手は肩から上に上げたらダメ!」

 2016年8月11日、リオ五輪「卓球男子シングルス」3位決定戦に勝利し、見事銅メダルを獲得した水谷隼選手。白熱したラリーの応酬が続いた結果、水谷選手はガッツポーズをみせます。その振る舞いに対して、8月14日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)にて解説を務める張本勲さんが御意見番として冒頭の台詞を口にしたことが話題となっていました。

 このガッツポーズについて水谷選手は「命を懸けて来てますから。遊びじゃないし、戦場ですから」と説明。ネット上でも「高まる闘志を表現するのは悪いことではない」や「相手への敬意が欠ける」といった様々な声、賛否両論の意見が集まっています。

「ガッツポーズに定義はない。OK牧場だ」

 そんな中、8月16日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)では、そのガッツポーズの語源になったとも言われているガッツ石松さん(プロボクシングの元世界チャンピオン)を電話取材。

 この論争(質問)に対してガッツ石松さんは、ガッツポーズのあり方について次のように説明しました。

「肩より上がダメということはない」

「その人のやり方だからね。私のガッツポーズは肩から上だ。ガッツポーズに定義なしだ。OK牧場じゃねえの

「自分に対してよく頑張ったという右手、左手は応援してくれる観客に対するありがとう。文武両道というのかな」

「OK牧場だ」「文武両道」ネットの反応

 両手の意味からの「文武両道」に落とし込んだ発言の解釈に苦しむ人が続出。しかし、変わらぬガッツ石松さんの雰囲気に共感を示したようですね。

画像出典:amazon.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです