「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年11月27日 更新

10年前にSMAP解散を予言したテキストが話題に!当時の心境を担当者に聞いてみた。

「10年前のテキストの予言が当たりすぎて怖い」

 先日、こんなつぶやきがツイッターを沸かせました。そのテキストとはコチラ。

学力診断ワーク

 これは中学生向けの定期テスト・入試対策テキスト『中学 学力診断ワーク 国語』

 教育関連の参考書で有名な旺文社が出版しています。旺文社といえば、これまでも数多くのテキストを出版しており、筆者自身も中高生時代に大変お世話になっておりました。そしてこの『中学 学力診断ワーク 国語』の初版発行は2006年5月23日、約10年前です。

初版発行2006年5月23日

 未来を予知していたと囁かれるページは4ページ目の巻頭漫画。「スクープ!!中学生の学力が危ない!」と題された特集の一コマでした。

漫画1

 中学生の学力低下を示したデータを手にした弟子「ジミヘン」が、主人公である「キャプテン・スポット」を叩き起こしているシーン。そして、この「キャプテン・スポット」は寝ぼけながら次のようなセリフを口にしています。

東京湾にゴジラでも出たか?
それともスマップが解散でもしたのか?

漫画2

 2016年を象徴する出来事の2つ「シン・ゴジラ」と「SMAP解散」を一度に言い当てています・・。それも10年前に。

予言者「キャプテン・スポット」に聞いてみた

 この『中学 学力診断ワーク 国語』にて巻頭漫画を担当されていた北田哲也さんを通じてキャプテン・スポットに当時の心境を伺いました。

 キャプテン・スポットによると「当時のことははっきり覚えていないけど、パッと思いついた2つの例(ゴジラとSMAP)として挙げた」とのこと。

 さらにこの予言的中を受けて、友人から予言者になることを勧められているそう。※ちなみにキャプテン・スポットは昔に「コミックモーニング」(講談社)の連載にも登場していました。

 なお、北田さん自身は、当時の旺文社の編集担当者より、このネット上の盛り上がりをメールで受けて知ったそうです。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです