「いいな」を届けるWebメディア

コラム

2016年08月30日 更新

「私を綺麗に修正して!」世界19ヶ国で実験した結果のギャップに驚愕…19枚

みなさんは「美」の基準について考えたことありますか?

 ジャーナリストの「Priscilla Yuki Wilson(プリシラ ユキ ウィルソン)」さんは、黒人と黄色人種(日本人)のハーフであるバイ・レイシャル(2人種)として生まれたため、社会が作り出す「美」について向き合い、考えることが多かったそう。

 そして、その基準について確かめるべく彼女はある実験を行います。自分の写真を18ヶ国+EUに送り、フォトショップを使って美しく加工して欲しいと依頼。それぞれの国の文化によって、美しさがどう変化していくのか確かめました。

オリジナル

日本 黒人ハーフ

1:アルジェリア(ミステリアスな雰囲気に)

アルジェリア

2:モンテネグロ(顔の彫りを深く)

モンテネグロ

3:スリランカ(肌の色に深みを)

スリランカ

4:メキシコ(洋服を着せる)

メキシコ

5:ポルトガル(ほぼ編集なし)

ポルトガル

6:マケドニア(柔らかな印象に)

マケドニア

7:ブラジル(自然な雰囲気を保つ)

ブラジル

8:パキスタン(クールな印象に)

パキスタン

9:スロベニア(シャープな印象に)

スロベニア

10:スウェーデン(肌を明るく)

スウェーデン

11:ベトナム(顔の輪郭をかなりスリムに)

ベトナム

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです