「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年09月07日 更新

ステージ4の癌を克服した竹原慎二さん、小林麻央さんにメッセージをおくる。

 元プロボクサーで世界王者にも輝いた竹原慎二さん。現役を引退した後は、バラエティ番組に出演するなどタレントとして活動しています。リング外の竹原さんといえば『ガチンコ!』(TBS系列)の企画「ファイトクラブ」での姿や公式ブログお約束の締めの挨拶“じゃあの”が記憶に残る方も多いのではないでしょうか。

 しかし2014年、膀胱がんが判明した竹原さん。がんの進行度を示すステージは4。精密検査の結果、5年後の生存率は40%以下と告げられ、竹原さんは泣いたといいます。

竹原慎二さん「ステージ4」の癌を克服して感じたこと

 絶望的な状況から約2年、周囲のサポートとともに闘病生活を続け、現在は良好な状態に入ったとのこと。(日刊ゲンダイの記事では「検査は問題なし」「膀胱がんの寛解は5年というから、それが3年後。その時にまたおいしい酒を飲めるよう頑張るしかない」と語っています)

 そんな竹原さんは9月6日に自身の公式ブログにて昨年の誕生日を振り返り、歳を重ねることの大切さ、生きる実感について綴っています。

仲間

出典:竹原慎二 オフィシャルブログ『仲間』

43歳になった

一度死を覚悟すると今までとは誕生日がまるで違って感じた

一つ歳をとることがこんなに嬉しいなんて

特にこの年はそう感じた

(中略)

人は一人では生きられない

たくさんの人に支えられて今の自分があるんだと

あらためて 気付かされた

これからは今の気持ちを絶対忘れないようにしなくては

僕は僕なりに頑張っていきたい

皆んなにも恩返しもしていきたい

そう心に誓った

つづく

じゃあの。

出典:竹原慎二 オフィシャルブログ『仲間』

竹原慎二さん、小林麻央さんにもエール

 また、数日前は『癌になって気付いた事』と題したタイトルで「自分の身体を大事にすればよかった」と率直な感想を残し、最後は乳がんで闘病中の小林麻央さんに向けてメッセージをおくりました。

2人に1人は癌になる時代

癌検診は大事だしそこでたまたま早期に発見できればラッキーだけど

でもその前にできる予防は色々ある

(中略)

僕を近くで見ていた家族や友人らは確実に変わった^ ^

メタボだったやっさんはかなり痩せたし
畑山もケンちゃんも禁煙した
トレーナーの安達は生命保険に入った

自分の周りが少しずつ変わり始めた

さすがにこれで僕も病気になった甲斐があったなぁとまでは思えないがそれでも周りの仲間たちが健康に気をつけて元気でいてくれることはうれしいし

自分の気持ちも救われる^ ^

麻央ちゃん 頑張れ〜
負けるな祈ってるよ


つづく

じゃあの。

出典:竹原慎二 オフィシャルブログ『癌になって気付いた事』

 竹原さんが闘病中に気づいたという「多くの人の支え」、この時に感じた気持ちは現在がんと向き合う麻央さんにパワーとして届けられます。麻央さんはブログにて次のように反応しました。

「竹原慎二さんからの『麻央ちゃん、頑張れ〜』すごい パンチ力 でどストレートに深く響きました!ありがとうございます」
 
竹原

出典:竹原慎二 オフィシャルブログ『徹子の部屋』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです