「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年09月15日 更新

「AV大好き,でも(坂口のは)観ない」ウエンツのAV論に「潔い、応援したくなる」の声

 『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演したタレントのウエンツ瑛士さんがAVについての考えを力説した場面がありました。

 番組ではタレントの坂口杏里さんのセクシー女優転身をテーマに取り上げます。まずワイドナ情報通の長谷川まさ子さんが、バイきんぐの小峠さんと別れた2年前からホストクラブに通っていたことを説明。その後、出演者にトークが及びます。

秋元梢さん、坂口さんと同じ2世タレントとして…

 故・九重親方の次女であるモデルの秋元梢さんは、同じ2世タレントの立場から「親の顔まで傷つけることを想定しているのか?」と親に与える影響を指摘。(坂口杏里さんの母は、女優の坂口良子さん)

 さらに自分の一挙手一投足と親の関係についても「人に会っても、自分が横柄な態度をとったら、イコール親の教育が悪いってなってしまうので、それは考えてきた」と幼い頃からの心がけを振り返り、またそれが抑止力にもなっていたとも語りました。

ウエンツ瑛士さん「流れが良くない」

「ボクはみないんですよ、ただこれだけは言わせてください。ボクAVは大好きなんですよ」

 こう切り出したウエンツさん。この発言を受けてスタジオは、一瞬微妙な間を挟んで笑いに包まれます。

「僕はいいんですけど、そういう感じでこれからやってくんですか??」(MC東野さん)
「お前、今日からまわりしてねーか?」(ヒロミさん)

 次いでウエンツさんは苦笑いから真剣な表情に戻り、「一回やらせてください」と懇願してから理由を語り始めます。

「流れが良くないんですよ。激痩せして借金苦、それでセクシー女優となると… みててちょっと負の感じをまとってる感じの作品になっちゃうんですよ、ボクはそういうの一切見れないんですよ」

「空気がある」「まず、やることがある」

「人間がまとってる空気あるじゃないですか。

(坂口さんは)『私はココ(AV)でトップを獲るんだ』っていう気持ちで入ってくものではないじゃないですか! 何より先に借金の原因を解消しなければいけないのが先だと思う。

『ここでお金が入ったからこれをやろう』じゃなくて、この借金を作ってしまった理由をまず止めなければいけないし、そういう流れであるセクシーな作品は、ボクは見ないです」

 再び笑いを誘った場面もありましたが、ウエンツさんが赤裸々に明かしたAV論には「それすごいわかるぞ! 負のオーラが出てしまってんな!」と松本人志さんも激しく同意。

Hitoshi Matsumoto attends Press Conference In Tokyo

出典:Getty Images

 松本さんは「(AVの世界に)興味があるならわかるが、俺も負のオーラを感じる」と不快感を露わにし、「同じ職業(セクシー女優)の人も『一緒にしないでよ、私たち真剣にやってるのよ、借金の肩代わりでやられたら舐められてんのか』って思う人もいる。芸人だって一緒、それを理由に芸人になられたらちょっとムカっとくる。俺もみない」ときっぱり断言、ウエンツさんに理解を示しました。

Eiji Wentz 2006 Cannes Film Festival - Fuji Television Party

出典:Getty Images

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです