「いいな」を届けるWebメディア

Sponsored content

2016年10月03日 更新

どんな時でも笑顔を絶やさない 彼女が看護師を続ける理由とは?

病院の中で、患者さんと医師の橋渡しをしてくれる、看護師さん。

いつも忙しそうな彼女たちは、どんな一日を送っているのでしょうか?

ある看護師の一日

彼女はがん医療に携わる看護師さん。

朝のミーティングでは、患者さんの様子や治療についての情報をしっかりと共有します。

25037_01

診察にきていたがん患者さん。

治療中は経過が順調であっても、やっぱり不安がつきまとうもの。

親身になって寄り添い、話を聞いてくれる看護師さんの存在は、とても心強く感じます。

25037_02

人手が足りず、ずっと鳴っているナースコールにもなかなか対応できません。ようやく向かうと、

「なんですぐ来ないの? あんたは元気なくせに」

25037_03

病気の時はささいなことで八つ当たりしたり、イライラしたり、いやな言葉がでてしまうこともあります。

ひどい言葉を言われても、彼女は患者さんの前では笑顔を絶やしません。

彼女はなぜ、そこまで出来るのでしょうか?

彼女が子供の頃、母親が倒れて救急搬送された時、「大丈夫だよ」と励ましてくれた看護師さんがいました。

不安でいっぱいの中、寄り添ってくれた看護師さんの笑顔。

25037_04

「なんで私はこんなことを続けているのだろう?」と挫けそうな時、彼女はあの看護師さんを思い出します。

患者さんや家族に寄り添える、看護師でありたい。

彼女は強い意志を持って、笑顔で患者さんと接してるんですね。

25037_06

希望をもって立ち向かえるように

がんなどの大きな病気を抱えた時は、どうしようもない不安にかられて、心に余裕を持つことなんてできません。

それを知っているからこそ、患者さんや家族に寄り添い支える存在になりたい。

がんと闘う患者さんが、希望を持って立ち向かえるように、医師や看護師、そして製薬会社は、強い意志を持ってがん治療に取り組んでいます。

25037_05

がん治療は、様々な医療関係者によるチーム医療。

治療に携わる人達が、こうして真摯にがんと向き合ってくれていると思うと、本当に心強いですね。

提供  中外製薬株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです