「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題 コラム

2016年12月09日 更新

「人生は……」ZERO10年写真展で麻央さんのメッセージ。写真で振り返る9つのエピソード。

「10年という時の流れに寄せる想いは人それぞれにあると思います。我々が生きているこの時代はどこに向かって行くのか、人々は永遠に問い続けるでしょう」

写真の果たす役割は記録です。それが記憶とつながっていく…(写真家:大村克巳)

NEWS ZERO写真展

出典:ZERO10年写真展|NEWS ZERO|日本テレビ

 2006年10月2日に始まった深夜のニュース番組「NEWS ZERO」。まっさらで、“ゼロ”の響きと緑々しい印象が強かった当時から10周年を迎える今年、「ZERO10年写真展」を開催。

 「NEWS ZERO」の日々を切り取ってきた数万点におよぶ写真の中から、写真家・大村克巳さんが選出した作品が9月29日~10月10日までの12日間にわたり日テレ麹町特設会場にて展示されています。

10年変わらなかったロゴ。
2

3

1:「ZEROの顔・村尾信尚キャスター」

スタートから10年間、メインキャスターを務め続ける村尾信尚さん。
村尾信尚 写真

「10年前のあなた、何を思い、何をしていましたか?

10年前の私たち、若い人たちにニュースを分かりやすく伝えようとNEWS ZERO を始めました。

2008年 世界経済はリーマンショックで不況に不況の底から抜け出たものの、今でも世界経済は不安定な状態です。

2011年 東日本大震災、福島第一原発事故

被災地や被災者の皆さんへの支援はこれからも必要です。

2015年 安全保障関連法が成立

日本をどう守るのか? 防衛政策が大きく変わろうとしています。

これまで来た道を振り返れば、

これから行く道が見えてくるのでは…

そんな思いで、これまでのZEROの歩みを大村克巳カメラマンによる写真で綴りました。

私たちの軌跡をどうぞご覧ください」(村尾 信尚)

(2015年6月23日)70年目の「慰霊の日」を迎えた沖縄にて。
村尾 信尚2

(2015年4月2日)10年出演するラルフ鈴木アナや卒業した山岸舞彩キャスターの姿も。
村尾 信尚3

(2014年9月29日)本番前に原稿チェックをする村尾キャスター。
村尾 信尚4

(2014年5月16日)集団的自衛権のキーマン石破茂氏との対談前、床に視線を落として息を詰める様子が伝わってくる一枚。
村尾 信尚5

(2014年5月16日)石破茂氏。
石波茂 村尾 信尚

(2014年5月16日)対談を撮影するカメラマンを撮影。
展示会では、舞台裏で放送を作りこむスタッフの姿が数多くありました。

カメラマン

IMG_3362

NEWS ZERO 写真展

NEWS ZERO 写真展

2:「3.11の記憶」

IMG_3310

IMG_3311

IMG_3303

IMG_3307

3:「テーマ曲『真夏の通り雨』を歌う宇多田ヒカルさん」

 「NEWS ZERO」のテーマ曲『真夏の通り雨』を歌う宇多田ヒカルさん。人間活動を目的に音楽活動を休止し、5年半ぶりの再始動となったテレビ初出演の舞台、選んだのは「NEWS ZERO」でした。

 活動を休止した後に待っていたのは、母・藤圭子さんの死去や結婚、出産など環境の変化。2016年10月5日の放送では、村尾キャスターとの対談でこの『真夏の通り雨』について「ちょっと古くさいような 今どき感がない 美しい日本語って思える歌を作りたいと思って書き始めました」と説明しています。(2014年に「NEWS ZERO」がテーマ曲の制作を依頼)

『真夏の通り雨』が「NEWS ZERO」のテーマ曲になることについて

 また当初は、“今はなき大切な人への想い”をつづった曲がニュース番組にマッチするのか不安に感じていたそう。

 ただ、「ニュースって人のこと。社会であろうと国のことであろうと結局は人のこと(を伝える)。だったら、人の感情とか人の現在とか思いを歌っている曲で意外と良いのかと思った」と目を開いた心境の変化を明かしています。

 村尾キャスターは宇多田さんとの対談を終え、「一つひとつの音や言葉にかける宇多田さんの真剣さが伝わってきた」「(人間活動の)経験をしたことで生まれる音楽は、より多くの人の共感を得るだろうと思います」と振り返りました。

4:「秋篠宮佳子さま」

2012年にリニューアルしたライムグリーンを基調とした「NEWS ZERO」のスタジオセット。
中でもひときわ存在感を放つ、縦長の美麗な巨大スクリーン「ニュースウォール」、映し出された佳子さまが錦上に花を添えています。

秋篠宮佳子さま

5:「アスリートが伝えるZERO」

 4月からZEROキャスターに加わった高橋大輔さんは、「一流エンターテインメント」の裏側を伝えています。

(2014年5月15日)ZEROサッカー解説・北澤豪さん。
サッカー解説 北澤豪

 会場ではリオ五輪メダリストや貴重なテレビ出演となった本田圭佑選手をはじめとした現役アスリートの写真も多く展示されています。

6:「若い世代の架け橋となるキャスター」

(2016年7月10日)ペンを握り、参院選「ZERO×選挙2016」を伝える桐谷美玲さん。
桐谷美玲

 キャスター就任時に語った「私が架け橋になりたい」の抱負は、同世代に向けたコーナー『マイ・ジェネーレーション』を中心に実現しています。嵐の櫻井キャスターとともに、視聴者に新たな一面を印象づけたのが「NEWS ZERO」の場でした。

 高橋大輔さんと同じく、4月からZEROキャスターに加わったピース又吉直樹さんは、「働く」をテーマに様々な現場を伝えています。

7:「視聴者からZEROへの祝福」

「ZERO写真展」会場出口に設置された寄せ書きボード。
出口に設置された寄せ書きボード

すきまなく書き込まれた様々なメッセージ。
寄せ書きボード

「10周年おめでとう」
「私もキャスターになれるようがんばります」
「翔くん(櫻井キャスター)がきっかけでニュースをみるようになった」
「村尾さんの分かりやすい解説でニュースに対する苦手意識がなくなった」
「(高橋)大輔さんのSPOT LIGHT楽しみにしています。視点が大輔さんらしくて温かい気持ちになれる」

若い世代の来場者が多く見受けられました。
IMG_3413

 番組での告知をみて会場に足を運んだという20代女性は「(写真展で)心に残ったのは戦争を取り上げた写真」。また、番組については「若い世代が関心を持てるよう、興味を惹きつけながら分かりやすい言葉で丁寧に伝えてくれる。ニュース番組の印象が変わったことを覚えている」とZEROへの思いを語りました。

8:「プロデューサーが語るZERO」

NEWS ZERO 写真展

 「NEWS ZERO」が持ち続けてきた主題とはなにか、Feelyの取材に応じたカルチャーコーナーを担当する服部完英プロデューサーに話をうかがうと、次のような答えが返ってきました。

「殺人事件は起きない方がいい。災害も起きない方がいい。残念ながら悲しいニュースはなくならないですが、それでも明日が少しでも良い世の中になることを信じて、毎日ニュースを伝えています」

「写真展を通じて、特に普段ニュース番組をみない若い世代の方のきっかけになって欲しい。また、将来ニュース記者を目指す若者が増えたら喜ばしく感じます」

IMG_3357

9:「小林麻央さんとZERO」

小林麻央さん

 2006~2010年まで「NEWS ZERO」にてキャスターを務めたフリーアナウンサーの小林麻央さん。番組で行ったインタビューを通じて夫の市川海老蔵さんと出会いました。

Ebizo Ichikawa And Mao Kobayashi Wedding In Tokyo, Japan On July 29, 2010.

出典:Getty Images

かつてのコンビ、村尾キャスターからの言葉

 今回の写真展では、村尾キャスターからの教えが励みになっているとのメッセージを寄せています。

村尾キャスターが教えて下さった

「人生は、転んだかどうかが重要ではない。どうやって立ち上がったかが重要だ!」

という言葉が、いつも私の支えになっています。

今日が、よりよい未来への原点《ZERO》になりますように。

小林麻央

会場出口に掲げられた、小林麻央さんから寄せられたメッセージ。
小林麻央さんからのメッセージ

小林麻央さん

小林麻央さんに向けたメッセージ
「麻央さんの未来が明るい日が来るよう祈ります」
「麻央ちゃん、希望を持って頑張って下さい!」

 ご紹介した写真は全体の一部、会場では「NEWS ZERO」が胸に迫ってきた多くの記憶が蘇ります。

日テレ麹町ビル

「ZERO10年写真展」(入場料無料)は10月10日(月・祝)まで。場所は日テレ麹町ビル2F特設会場(東京都千代田区2番町14)にて。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです