「いいな」を届けるWebメディア

Sponsored content

2016年10月07日 更新

生きることを諦めない!がん治療に臨む女性の決意に「生きがい」を見つけた一人の男性…

一日の中で、どれくらいの方ががんの告知を受けているのでしょうか。

「まさか自分が。」そんな風に思う方が、ほとんどかもしれません。

これは、患者さんと一緒にがんに立ち向かう、ある薬剤師の一日を追ったストーリーです。

私が“薬剤師”として働く理由。それは―

25138_01_3

最近は、薬の調剤をするだけではなく、病棟や外来で患者さん一人一人と直に接し、薬の説明をするなど、その役割の幅が広がっている薬剤師。

彼もそんな薬剤師の一人です。

25138_02

治療が順調に進み、笑顔を見せてくれるようになった男性。薬剤師として『誰かの力になっている』と実感できる瞬間です。

でも、そんな患者さんばかりではありません。

25138_03

たった今、がん告知を受け、抗がん剤治療の説明を受けにきた女性。

狼狽する心情を察して、ゆっくり丁寧に抗がん剤の説明や投薬の予定を話し、少しでも患者さんの不安を和らげてあげるのも薬剤師の大切な使命です。

治療継続のため副作用に負けまいと頑張る、ある女性との出会い

25138_06

病気を治すためとはいえ、副作用を伴う薬もあります。今、この女性は副作用による身体の痛みで歩くことさえできません。

25138_08

そんな彼女が治療前に話してくれた『ある決意』に奮い立たされ、彼は担当医の元へ駆け込みます。

彼女の揺らぎない『ある決意』とは…続きは動画をご覧ください。

希望をつなぐ仕事

辛い治療に押しつぶされそうになりながらも、彼女は自分の“生きがい”のために、必死で病気に立ち向かいます。

25138_07

患者さん一人ひとりに処方がある。

患者さん一人ひとりに人生がある。

そんな彼女に、自分は何ができるのか…必死で模索します。

25138_10

薬剤師として、その患者さんの力になれる限り、彼は諦めません。

人を幸せにすることが、彼の“生きがい”だからです。

25138_11

がんという、人生における大きな出来事。今までと同じ生活が送れるのだろうか…そんな不安にかられることもあるかもしれません。

そんな患者さん一人一人と向き合い、寄り添える存在でありたい…。チーム医療の一員として、薬剤師、そして製薬会社は、強い信念を持ってがん治療に取り組んでいます。

25138_15
提供 中外製薬株式会社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです