「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年11月28日 更新

松ちゃん&ヒロミ、TV共演のベッキーにボケ連発で励ます。「松本人志ってたまらんな」

 10月9日(日)に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、ベッキーさんがコメンテーターとして出演。5ヶ月ぶりの民放番組復帰となりました。

 番組冒頭で一ヶ月半前からベッキーさん出演の打診があったことを明かしたダウンタウンの松本人志さん。「出てもらうのは全然ええけど、もしベッキーが出る週に、例の彼になにかあったら、それはイジらなあかんでって言うてたんやけど、なんかあったもんな…。話題集めにするのはホント嫌なんだけど…」と和やかな雰囲気をつくります。

松ちゃん、ボケ連発。堀潤さんやヒロミさんも空気づくりに徹する。

ベッキーは「(川谷さんの)専門家」

 番組は、活動休止&アルバム発売中止を発表した川谷絵音さん(ゲスの極み乙女。、indigo la End)を最初のニュースとして扱います。絶妙なタイミングとなったこの日の『ワイドナショー』。

 松本人志さんは「フハハハハハハ」と笑い、またもボケて「ある意味、(川谷さんの)専門家」として発言を促します。これにはベッキーさんも思わず苦笑い。また、川谷さんとの交際報道があったほのかりんさんを「サンミュージックの刺客」(ベッキーさんの所属事務所)として笑いを誘う場面も。

 ワイドナショー出演に向けて緊張していたというベッキーさんは、「私との騒動があって、世間から厳しい目をいただいてお互い活動をしていたと思う…。その中でこういう行動は未然に防ぐことができたのでは?」と顔をしかめます。

松ちゃん「川谷さんの音楽、どうしてるの?」
ヒロミさん「お前らふざけすぎだろ!」

 そして、MC東野さんは場の空気が落ち着かない状況で「川谷さんが結婚してるのを知ったのは、好きになった後なの?」と質問。さらに松本さんは「(CDとかiTunesの曲は)今どうなってんの?」と重ね、「それエンディングのほうで聞くことでしょ!」と東野さんからツッコまれると「お前が先走るからや!」と松本さんが応酬。トークが盛り上がりをみせると、ヒロミさんは「お前らふざけすぎだろ!」と正します。

ツイッター上では、3人に安心の声

堀潤さん「本当に心配していた」

 同じくコメンテーターの堀潤さんは、DV疑惑を抱えた状況でテレビ出演した自身の過去を振り返り、「(こういう状況で)出演するのは決死の覚悟」とベッキーさんを落ち着かせるようにコメント。

「あんだけ追い込まれたら、人によっては生きることを嫌とする人もいるでしょうし。こうやってこの場に出てきて、はつらつと話すことができる状態になっていて良かったな」

 また、バズグラフというネット上の言語解析システムにおいて、ネガティブよりもポジティブな単語数が上回ってきた、世間が応援に向かっているとの前向きな情報を紹介。

松本人志さん「(タレントは)2回売れなアカン」

Hitoshi Matsumoto attends Press Conference In Tokyo

出典:Getty Images

 松本人志さんは昔のエピソードを引き合いに出して、ベッキーさんに気配りをみせます。

「ボクは、関西芸人として2回売れなアカンと言っていた。大阪で一回売れて、東京でもう一回売れなアカン」「今考えると関西芸人にかかわらず、タレントって2回くらい売れなアカンのね」「ベッキーも、こういうこと(川谷さんとの一件)がなくても、絶対仕事が落ち着いていっちゃうことがあったと思う…」と心境を述懐。

ヒロミさん「オレも10年間テレビから消えていた」

「ベッキー大丈夫だよ! オレ10年休んだからね!」

 ベッキーさんの肩に手を寄せ、松本人志さんの2回売れる論に同調したヒロミさん。自虐ネタで、空白の10年間を笑いに変えてみせます。さらに「いまココに並んでるのは問題児3人!」とも。

 ベッキーさんが至った複雑な心境に気配りをみせた3人には、ネット上で「感心した」「安心した」の声が集まり、序盤で緊張した様子をみせていたベッキーさんもいつしか明るい雰囲気でその後のニュースにコメントしました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです