「いいな」を届けるWebメディア

Instagramで話題 Twitterで話題

2016年10月12日 更新

【おにぎりが世界に!】SNS投稿で貧しい子供5人分の給食が寄付される!

おにぎりワッショイ!

 現在、8億5,000万人の飢餓人口が世界に存在すると言われています。そんな世界を少しでも救うべく、日本から素晴らしいキャンペーンがスタートしました。その名も世界食料デー・ソーシャルアクション「おにぎりアクション2016」

 キャンペーンの内容は、おにぎりを写真で撮影&ハッシュタグ#OnigiriActionをつけてSNSに投稿すると、1投稿につき100円分(給食5食分)が、協賛企業(伊藤園・イオン・西友・ますやみそ・若菜・はくばくなど)から寄付されます。日本の食のシンボル「おにぎり」を通じて、アフリカ・アジアの子供たちに温かい給食をプレゼントできます。

おにぎりアクション

出典:世界食料デーキャンペーン おにぎりアクション2016 – TABLE FOR TWO

おにぎりの写真が給食5食に。
「おにぎりアクション2016」

 食料問題を考える日として国連が制定した10月16日の世界食料デー。日本発の社会貢献運動「TABLE FOR TWO」は、100万人のいただきます!キャンペーンを実施。その一環として、「おにぎりアクション2016」を拡げていきます。

キャンペーンで伝えたい思い

私たちの食を通じて、ちょっとだけ世界を良くするために。
身近な食べ物を通じて、世界中から気軽に参加できる仕組みを作りたい。

その想いからスタートした「おにぎりアクション2016」。
日本の食のシンボルである『おにぎり』をキーワードに、世界中からたくさんの方々に食べて、投稿してご参加をいただく企画です。

「おにぎりを食べる」というのは、小さな一歩かもしれない。
でもその小さな行動がたくさん集まり、世界の食について考える人が増えれば、世界はちょっとだけ良くなるかもしれない。

出典:世界食料デーキャンペーン おにぎりアクション2016 – TABLE FOR TWO

参加方法は簡単。
3ステップでできます。

おにぎりを用意。

おにぎりの写真を撮影。

「ツイッター・フェイスブック・インスタグラムのSNS」or「TABLE FOR TWOの特設サイト」にハッシュタグ#OnigiriActionをつけて投稿。

※参加費は無料!おにぎりを用意するだけ!
※顔出しは自由、おにぎりだけでOK!
※作ったものでも購入したものでも、おにぎりにまつわる写真ならOK!
※写真の投稿以外にも協賛企業の対象商品を購入することで参加できます!

投稿方法

出典:世界食料デーキャンペーン おにぎりアクション2016 – TABLE FOR TWO

投稿方法は2通り。

おにぎりの写真を投稿→100円が寄付(アフリカ・アジアの子供に給食5食分)

『お~いお茶』の写真と一緒に投稿→200円が寄付(アフリカ・アジアの子供に給食10食分)

※写真1投稿につき100円or200円が寄付。(投稿は何度でもOK!)
※カウント対象は公開設定されたSNSアカウントのみ。

パターンは2通り

出典:世界食料デーキャンペーン おにぎりアクション2016 – TABLE FOR TWO

伊藤園

出典:伊藤園×TABLE FOR TWO「お~いお茶とおにぎりアクション!」キャンペーン|伊藤園

おにぎりの投稿、SNSに続々。
#OnigiriAction

 キャンペーン「おにぎりアクション2016」の開催期間は、2016年10月11日〜11月30日まで。ツイッター・インスタグラムなどのSNSにはバンバンアップされ始めてます!ぜひ、みなさんも投稿してみてはいかがでしょうか?

#OnigiriActionでアップされた写真

サムネイル出典:PIXTA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです