「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題 エンタメ コラム

2016年11月24日 更新

「こんな世の中おかしい!」小島慶子さん、新入社員の過労自殺に思い記す。

 昨年12月に過労自殺した電通勤務の新入社員。この報道を受けて、元TBSアナウンサーでありタレント・エッセイストの小島慶子さんが「過労死のニュースについて 昨夜から考えていること」と題したブログを更新。

 新入社員が自殺に至るまでの胸中、今この世の中における逆行した考え方について切実な思いをつづった長文が共感を呼んでいます。

「昨夜はスマホをにらんで 怒りながら 泣いていました」

「いつまでこんなことが続くんだろう 24時間闘えますか? ジャパニーズ・ビジネスマーン! なんてCMがウケてた頃からずっと 何にも変わらないばかりか もっとひどくなってる」

 ニュースについて考え続け一晩を明かしたという小島慶子さん、ブログの書き出しから袖を絞るような思いがひしひしと伝わってきます。

 なぜ自殺してしまったのか。入社から一年も経たずに追い込まれた彼女について「亡くなった彼女は いま日本で働く人が味わっている理不尽さを 全部負わされていた」とし、世に訴えます。

『髪ボサボサ、目が充血したまま出勤するな』

『男性上司から女子力がないだのなんだの言われるの、笑いを取るためのいじりだとしても我慢の限界である』

 自殺前、上司から受けた言葉として、身を削った彼女はツイッターにこう書き記していました。

 今回の事件の背後にひそむ原因について小島さんは、あくまでも性別ではなく価値観の問題にあると考えます。

寝られない
休めない
ひどいことを言われる

でも、そんなの社会人なら
当たり前だろ?
甘えんなよ

加えて

女の子なんだから
可愛くしてろよ
女子力足りないよ

これ、男VS女じゃない
性別じゃなくて
価値観の問題

人を人とも思わず
非人間的な働き方や
差別的なコミュニケーションを
当たり前だと思っている人たちと

それを押し付けられて
ボロボロになって
それでも声をあげる場所もなく
自分を責めてしまう人たちとの

すごく、すごく理不尽な関係なんだ

出典:過労死のニュースについて 昨夜から考えていること|小島慶子オフィシャルブログ Powered by Ameba

 さらに自身が経験した6年間の通学経験を思い起こし、「ねえ こんな世の中おかしいよ」と怒りをあらわにしながらも問いかけます。

Crowded Tokyo Subway Train

出典:iStock. by Getty Images

あの満員電車の
ぎゅう詰めの
しーんとした車内に充満しているのは

怒りだよ

私は制服を着て6年間、
毎朝痴漢と闘いながら
あの怒りを吸って大人になった

あの大人たちの
無言の怒りと恨みは
いまも日本の空気の中に
吐き出されては吸われ
吐き出されては吸われ

濃縮されて
暴力的なはけ口を探している

ねえ
こんな世の中おかしいよ

出典:過労死のニュースについて 昨夜から考えていること|小島慶子オフィシャルブログ Powered by Ameba

「まっぴらだ」「こんなのおかしい!」

理不尽なことを言われても従順に働く兵士になっていないか?

ささやかな喜びを感じる当たり前のことが、なぜこんなにも難しくなっているのか?

 小島さんのブログには読者から「本当にそう思います」「ラッシュの地獄、あの静けさは恐怖」「身体的にはキツくても、せめて精神的には健全な会社であってほしい」など共感の声が相次ぎます。

 最後に、小島さんは「私たちは人間です」「ひとりひとり 一度きりの人生を生きて ささやかな、かけがえのない 喜びや悲しみを 全身全霊で生きている ひとりの人間です」とはじめ、次のように締めました。

それがないがしろにされる
働き方や
教育や
「常識」や
「あるべき姿」
なんて、

まっぴらだ

毎年およそ25000人もの人が
自ら命を絶つ国

何かが絶対に
間違ってる

もう空気を読まずに
言っていいと思うの

こんなのおかしい!

ってね

隣人にダメ出しするんじゃなくて
手を取り合って

私はそういう社会に生きたい

出典:過労死のニュースについて 昨夜から考えていること|小島慶子オフィシャルブログ Powered by Ameba

小島慶子さんオフィシャルブログ

出典:過労死のニュースについて 昨夜から考えていること|小島慶子オフィシャルブログ Powered by Ameba

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです