「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年10月24日 更新

選考委員「(ディランは)無礼で傲慢だ」 発言の真意は“続き”があると指摘。 

 今年のノーベル文学賞を受賞したアメリカのシンガー・ソングライターのボブ・ディランさん。しかし、受賞に対しての反応や連絡が途絶えていることについては、連日報道されているとおり。さらに、その対応について、選考委員会の1人が“無礼で傲慢だ”と批判したニュースを目にした方も多いのではないでしょうか。

ボブ・ディランさん

出典:Dylan Revisited ~All Time Best~(amazon.co.jp)

「無礼で傲慢だ」
「でもそれが彼ってものだ」

 選考委員会のこの発言。権威を傷つけられたことへの怒りの印象が強いですが、真意はどうなのか? 報道の切り取り方について苦言を呈したツイートが、注目を集めています。

 スウェーデン公共放送インタビューに応じたと伝えられる委員の一人。たしかに、朝日新聞の記事『ディラン氏は無礼で傲慢だ。でも…』では、“無礼で傲慢だ”の後についても記されており、ボブ・ディランさんへの理解を示しているように受け取ることができます。

同賞を選考したノーベル委員長のペール・ベストベリィ氏が21日、「無礼で傲慢(ごうまん)だ。でもそれが彼ってものだ」と苦言を呈した。

ベストベリィ氏は、ディランさんの公式ウェブサイトから「文学賞受賞」の文言が21日までに削除されたことも認識しているとして、「予想していなかったが、彼は気難しいようだから驚きはしなかった」と語った。

出典:「ディラン氏は無礼で傲慢だ。でも…」 ノーベル委員長:朝日新聞デジタル(asahi.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです