「いいな」を届けるWebメディア

「フォークやめて!!」シャウエッセンの一番美味しい食べ方がウロコ!

 1985年発売のロングセラー商品「シャウエッセン」。日本ハムが本場ドイツのソーセージを徹底して研究したというシャウエッセンは、現在日本で一番売れているソーセージとして知られています。(年間売上はなんと620億円!)そして今、ネット上では広島東洋カープを下し、10年ぶりに日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズの優勝を受け、シャウエッセンまでもが話題に……。

シャウエッセン

出典:PIXTA

 パリッとジューシー独特の食感が特長のシャウエッセン、@GTT214さんが「1番美味しい食べ方」としてツイッターに投稿した調理方法が注目を集めています。

日本ハムの社員が明かしたシャウエッセンの美味しい食べ方

出典:@GTT214

簡単すぐできる2ステップ

1:「フライパンに50ccほどの水を入れ、強火で約2分間炒める(強火で一気に)」

2:「シャウエッセンの表面の水気がなくなる位まで炒めたら完成」

 たったこれだけで完成。実際に試した人からは、味への評価や驚きの声とともに「皮が破れなかった」と、パンパンに詰まった肉汁を逃さずに済むといった感想も寄せられています。

「焼くのと茹でるのどっちがいい?」

→「茹でながら焼いてください」

 この調理方法は、6月に放送された『ジョブチューン』(TBS系)にて、日本ハムの広報マーケティングを担当する黒木さんが紹介したウラ技。「日本ハム社員オススメ 最も美味しい食べ方をぶっちゃけ」と題したコーナーにて、ギャル曽根さんからの「忙しい朝とか早く料理したい。焼くのと茹でるのどっちが早いか?」の質問に対して、オススメの方法がある! と自信満々に説明しました。

 さらに黒木さんは「最大の食感を楽しめるのは最初に噛んだ時」「フォークでさして食べるのは正直やめて欲しい、箸で食べてほしい」と、熱弁をふるうなどシャウエッセン愛をアピール! ぜひ、皆さんも黒木さんが提唱する「フライパンで茹でながら焼く」食べ方を実践してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです