「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題 ニュース

2016年11月24日 更新

【映像】博多駅前の道路、陥没の瞬間。ロンブー淳さんも近隣ホテルに。

 本日11月8日午前5時頃、博多駅前2丁目の市営地下鉄七隈線延伸工事現場で発生した陥没事故。様子を詳しく伝える西日本新聞によると、13時現在の怪我人情報は陥没に伴う停電により、近隣ビルで70代女性が転倒した1人とのこと。

博多駅前

出典:PIXTA

市交通局によると、工事は地下25メートルで実施し、高さ4~5メートル、幅9メートルのトンネルを掘っていた。午前5時ごろ、掘削現場に大量の水が流れ込んだため避難し、作業員が110番した。当初は路上の両端に穴が2カ所開いていたが、徐々に広がり、道路全体が陥没。下水道管が損傷し、大量の水が流れ込んで、陥没箇所にたまっている。記者会見した交通局は「原因究明と対策を進める。復旧や延伸工事への影響は分からない」と説明している。

出典:博多駅前 道路30メートル陥没 周辺ビルに避難勧告|西日本新聞

博多駅前2丁目、
陥没した瞬間の動画(映像)が投稿される

 陥没した道路の規模は、深さ約15メートル、縦横約30メートル。SNSでは、事故の様子を撮影した写真や動画(映像)が投稿されています。

断崖絶壁のセブンイレブン

※ネット上で心配されたセブンイレブンについても、次のように伝えられています

「店員は陥没後に全員脱出して無事です。お客様が当時いたかどうかの確認は取れていませんが、お店に閉じ込められるなどのトラブルは発生していません。店員らが、どこから脱出したかまでは現在は把握できておりません。このような状況ですので、博多駅前通店の営業は取りやめており、まだ再開の見通しは立っておりません」

出典:【博多駅前の陥没事故】店の前が断崖絶壁となったセブンイレブン、店員の安否は?|The Huffington Post

ロンブー田村淳さんは、博多のホテルに滞在中

 また、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんも福岡に滞在していたとのことで、被害の様子を心配するつぶやきを投稿。

 水が噴出したため工事を中止していたとのこと。

 西日本新聞の記事によると、2014年にも市営地下鉄の延伸工事にて道路の陥没が起きたそう。そして工事を請け負った大成建設が、工事との関係性を調査中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです