「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年11月24日 更新

「彼女は“トランプ嫌い”なんて叫んでない」ガガを思いやるツイートが広がる。

「次の大統領に臨むことは、選挙でバラバラに分かれたこの国を結びつけ、団結させること」

 先日、来日したことでも話題になった歌姫レディー・ガガさん。ハイチ大地震支援や東日本大震災支援、そしてイジメやエイズ撲滅など積極的な社会貢献活動を行うことでも知られています。来日中、「NEWS ZERO」(日本テレビ系)に出演した際は、米大統領選についてもコメント。トランプ氏への批判、ヒラリー・クリントン氏の支持、そして冒頭のメッセージを発信していました。通訳中は、祈るような素振りも。

レディー・ガガ

出典:din_eugenio/iStock. by Getty Images

ガガ、トランプタワー前で抗議

 そして、大統領選はドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン氏に勝利する結果に。レディー・ガガさんはトランプタワー前に駆けつけ、「愛は、憎しみに勝つ」のボードを掲げて抗議。インスタグラムでは「優しさのある国に住みたい」ともコメント。

「Love trumps hate.」の意味

Lady Gagaさん(@gagadaily)が投稿した写真

 抗議の様子は日本メディアも報じましたが、『トランプは嫌い』と過った表現で伝えられてしまいます。

 この「Love trumps hate.」は、トランプ氏とtrump(~に勝つ)の動詞をかけたヒラリー・クリントン氏のキャンペーンで使用されていた標語。この誤りを正すツイートがネット上で広がりました。

 憎しみまで愛せる人間になろうとの含蓄が込められている、との指摘も。

 引き続き、レディー・ガガさんは性的少数派や人種的少数派に思いやりをみせ、「私たちを止められる者はいない」とSNS上で呼びかけています。

#VoteHillaryさん(@ladygaga)が投稿した写真

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

こちらもおすすめです